2018年 9月 20日 (木)

「仕事で座りっぱなし」は命に危険? 「小まめに歩き回る」「立って仕事」への評判

印刷

   外回りで、日々動き回っているビジネスパーソンもいれば、1日中、座りっぱなし・・・という人もいるだろう。そんな人にとっては、ちょっと怖い研究結果かもしれない。ニュースサイト「CNN」記事「『座りっぱなし』で寿命が縮む?運動してもリスク残る」(2015年2月3日)によると、座っている時間が長い人の場合、「心血管系の疾患やがん、2型糖尿病」などの慢性疾患を発症して、「死に至る確率」が高まるという。カナダの研究チームが明らかにしたもので、特に危ないのは「1日あたり8~12時間以上」座っている人。2型糖尿病を発症するリスクが、90%も高くなるらしい。

   調査結果を受けて、ネットでは「自分も、もしかして・・・」と、危機感を募らせる声が相次いでいる。

「現代人でオフィスワーカーは皆まずいのでは」

座りっぱなしだな・・・
座りっぱなしだな・・・

   ツイッターを見ると、早速、「気をつけよう」とつぶやく人や、「うーん、こまったなぁ」「どうしろと(汗)」など、「長時間、座りっぱなし」とみられるビジネスパーソンらの嘆きが見つかった。「現代人でオフィスワーカーは皆まずいんじゃ・・・」と、心配する人もいれば、「これが本当なら、私はいつ寿命が来てもおかしくない(笑)」「見事に座りっぱなしですわ。もう寝るしかないな」など、半分、開き直っている人もいる。

   コラムによれば、運動量を増やした場合、心血管系の疾患やがんなどで「死に至るリスク」は軽減されるが、座りっぱなしの生活の影響は、運動した場合のメリットを上回るほど悪影響という。ツイッターでは、「ありえない運動量を日々こなしてさえいれば、と安心しきっていた俺涙目」など、「こんなにがんばっているのに・・・!」と、やりきれない思いを抱いた人も、いるようだ。

「(そんなに歩き回っていたら)仕事にならんわ」

   心疾患などのリスクを減らすには、デスクワークの場合、「立ったまま仕事をしたり、30分ごとに1~3分、立ち上がって歩き回ったりする」のがオススメというが、実際には「(そんなに歩き回っていたら)仕事にならんわ(^_^;)」とか、「分かっちゃいるけど、実行は難しいかも・・・」と、困惑気味につぶやく人も。

   「どうしてもパソコンの前に座り続ける作業が多いので、対策は必要。立ったまま作業をすることも考えた方がいいのか?」という意見もあった。実は昨(2014)年、そんなニーズを叶えるデスクが、IKEAから発売される!? なんてニュースもあった。

   「WIRED」記事の「スタンディングデスクをIKEAがお手ごろ価格で発売」(14年11月5日配信)によると、高さを自由に調節できる机は、高価なものだと、4000ドル(約48万円)と、手が届きにくい。ところがIKEAは、電動式で高さを変えられるデスクの「新モデル」を、480ドル(約5万7000円)で売り出すという。記事には、スタンディングデスクの商品紹介動画もついている。

   「立ったまま仕事」で、効率は上がるのだろうか、それとも・・・。(KH)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中