2019年 6月 17日 (月)

頼まれたPC修理を「短時間で処理」...が裏目に まさかのクレームとは

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   自分の仕事を早く終えたら他の仕事が大量に降りかかってきた、ダラダラ残業している同僚の方が長時間頑張っているとして評価されてしまうなど、「効率よく仕事を終える」人が損をしてしまう、という話は多い。

   そんなデキる人の嘆きがネット上をにぎわせている。「5分でパソコンの修理を終えた」のに、なぜかクレームを受けてしまったという。

他社が5時間かけても直せなかったパソコンを・・・

仕事が早くて損するなんて・・・
仕事が早くて損するなんて・・・

   話題になっているのはあるツイッターユーザーのこんな投稿(2015年10月7日)だ。

「他社が5時間かけても修理出来なかったパソコンを自分が5分で直しました。他社は直せなかったにも関わらず5時間分の作業工賃5万円を請求。当社も規定料金に則り1万円を請求。だがお客様から5分で1万円は高いというクレームを受けました」

   料金の内訳は、「出張費5000円、診断料5000円、技術料5000円をサービスで0円」だったそうだ。

   この理不尽な状況を報告したツイートが7000リツイートを超える(15年10月16日現在)話題に。

「そもそも結果として直せてもいないのに5万円請求する業者が信じられない、そしてそれを支払う客の素直さにも驚きを隠せませんね」
「作業を早く終えてくだされば それだけ早く仕事再開できますのにね。お気の毒です」

など驚きや同情のリプライが寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中