2020年 9月 19日 (土)

性善説VS性悪説 不正対策のツボとなる考え方は・・・ 【企業不正に手を染める~】

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   東芝で2015年に発覚した巨額の会計不正により、同社に対して73億円の課徴金納付命令が出され、歴代の経営陣の責任を問う訴訟も起こされている。

   さらに、東芝の監査法人および担当会計士に対しても公認会計士法に基づく処分が下された。それを受けて、日本公認会計士協会は、会計士に対して「職業的な懐疑心」を十分に発揮し「相当の注意」を払って監査を徹底するよう改めて要請した。

「みんな悪人」が前提では・・・

白か黒か、ではなく・・・
白か黒か、ではなく・・・

   ところで、企業不正が相次ぐと「日本の企業は今まで性善説による管理をしてきたが、これからは性悪説で考えなければダメだ」と指摘されがちであるが、そもそも、性善説・性悪説とはどのようなことなのか。

   そこで問題。次の説明は正しいかどうか、考えていただきたい。

   ●性善説は「人はみんな善人で、不正などしないから、任せて安心である」という考え方であり、性悪説は「人はみんな悪人で、放っておくと不正をするから、厳しく管理しなければならない」という考え方である。

   これらの説明が正しければ、性善説はあまりに楽観的な考え方であり、確かに不正が起こりやすくなるだろう。しかし、従業員を「みんな悪人」とみなして管理するというのもしっくりこない。上司が部下にそんな態度で接したら、お互いの信頼関係など生じる余地はなく、部下のモチベーションは低下し続け、企業の発展は望めないだろう。

甘粕潔(あまかす・きよし)
1965年生まれ。公認不正検査士(CFE)。地方銀行、リスク管理支援会社勤務を経て現職。企業倫理・不祥事防止に関する研修講師、コンプライアンス態勢強化支援等に従事。企業の社外監査役、コンプライアンス委員、大学院講師等も歴任。『よくわかる金融機関の不祥事件対策』(共著)、『企業不正対策ハンドブック-防止と発見』(共訳)ほか。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中