2020年 1月 29日 (水)

「会社の飲み会」欠席して後悔 そんな心境になった理由とは

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「飲みニケーション」を嫌がる声が目立つ昨今。会社の忘年会に対し「必要じゃない」派が「必要」派を上回ったという調査結果があるほどだ(マイナビウーマン、2015年11月公表)。

   億劫だと思いつつ、イヤイヤながらも参加しているという人は多そう。そんな中、思い切って「欠席」を選択した人からは、後悔の声も上がっている。

「割り切りたいと思いつつ、少しは話したい」

行けばよかった・・・
行けばよかった・・・

   Q&Aサイト「Yahoo!知恵袋」に、「会社の忘年会に参加すれば良かった」というトピックが投稿された(2016年1月30日)。

   パート勤務2年目で30代の投稿者。ホールを貸し切って行われる、参加率が高い職場の忘年会を「色々考え過ぎてしまい欠席しました」。

   「プライベートな事を色々聞かれるのが極端に苦手」「職場とプライベートは割り切りたい」「みんなでゲームやワイワイするのが苦手」などが理由で、普段の飲み会も行ったことがないというが、「忘年会くらいは顔を出しても良かったのかな、といつまでたっても後悔ばかりです」とのこと。

「割り切りたいと思いつつ、少しは話したい自分もいるのかも」
「どこかで、本当の自分?を知ってほしいとでも思っているかもしれません」

という投稿者。「毎日、行けば良かったと思ってしまいます」と、なかなか深刻に悩んでいるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中