2020年 10月 1日 (木)

「朝食抜き」派の会社員に激震 さすがに気になる「不利」な健康情報

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   朝ご飯を食べない人は、肥満リスクが高まる、とか、朝食抜きの子どもはテストの成績が下がる・・・なんて調査結果は時々、耳にするが、今度は「脳出血」だ。

   国立がん研究センターなどの研究チームが、「朝食を抜くことが多い人は、毎日食べる人に比べて「脳出血」のリスクが3割以上高まる」との研究結果を公表した(2016年2月4日)。「やばい、朝ごはん食べよう・・・」とか、「本当にそうなの?」など、ビジネスパーソンらの間で波紋を呼んでいる。

「脳出血」は1.3倍超

いただきます
いただきます

   調査は研究チームが、8県の男女約8万人を、45~74歳になるまで平均約13年間、追跡したもの。その結果、「朝食を取らない」「週に1~2回」しか食べない人は、毎日食べる人に比べて、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)全体の発症が1.18倍高かった。このうち「脳出血」は1.36倍と、もっとも高い。ちなみに、脳梗塞やくも膜下出血、虚血性心疾患と「朝食抜き」との関連性は、今回のデータでは見つからなかったという。

   調査結果を受けて、ツイッターでは、さまざまな声が飛び交っている。「僕けっこう朝食抜くこと多いのに・・・ 」「朝、食べるとお腹の調子が悪くなるんだよなぁ」など、悩ましいつぶやきも目立つ。「朝食抜き派だったけど、脳出血になるリスク高いみたいだから、明日から毎日少しでもいいから食べるわ」と、やる気を出している人もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中