2020年 9月 26日 (土)

「上司」のシステムは本当に必要か 「自分で仕事を決める」とどうなる

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   あなたの「上司」は、どんな人だろうか。ツイッターでは、「嫌いな上司のためには頑張れない。私の頭から消えてくれー!」とか、「上司が体調悪い私をみて、『明日頑張って来てね』と一言。最低だよ・・・」など、上司への恨みつらみを吐き出す声が、結構見つかる。

   相性もあるが、上司と部下の関係は、面倒なことも多いだろう。そんな「上司・部下システム」を「廃止」したら、どうなる? とのコラムが、ネットで話題を呼んでいる。

上下関係をなくし、自分で仕事を決めるように

   話題を集めているのは、ハフィントン・ポスト日本版のコラム「社員の上下関係ない方がいい? 上司を廃止したらこうなった」(Shane Ferro、2016年2月6日)。アメリカのシリコンバレーを中心に、上司・部下関係を「廃止」した各企業が、その後「どうなったのか」をレポートしたものだ。

上司って必要?
上司って必要?

   たとえば、靴や洋服のオンラインストア「ザッポス」では2015年、「ホラクラシー」という経営スタイルを導入。従業員の上下関係をなくし、自分で仕事を決めるようにした。「情報を上司や部下に伝える制度も無い」ので、従業員同士は、これまでより積極的にコミュニケーションを取りあい、現状を把握する必要がある。「社内の透明化のため」に導入された同制度だが、ザッポス社では制度導入後、従業員の約2割が辞職してしまったそうだ。

   一方、「ホラクラシー」が成功している企業もあり、記事を書いたShane Ferro氏によれば、中小企業が多いとのこと。従業員数が少ない分、コミュニケーションが取り易いからだろうか。

   ツイッターでは記事を受けて、ビジネスパーソンらが、様々な思いをつぶやいている。

   「学生時代でも少なからず上下関係がある。社会に入って突然、上下関係がなくなったら、そりゃ戸惑うわ」、「上司がいないと、中2病の若手が暴走しそう・・・」など、「上下関係をなくすのは、やっぱりNGでしょう」という意見が目立つ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中