2019年 12月 8日 (日)

社長が言ってはイケない「あの一言」 言われた常務は...やっぱり辞めた

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アンガーマネジメントをご存じでしょうか。人間関係等で相手に対して沸き起こった怒りを抑え、その強力すぎるパワーをマイナスエネルギーには変えないというテクニックのこと。

   テニスの錦織圭選手がアンガーマネジメントを身につけて世界ランキングトップ5入りしたとか、大相撲の大関琴奨菊がアンガーマネジメントにヒントを得て初優勝を手にした、とかの報道もあり最近注目の自己マネジメント手法です。

アンガーマネジメントとワンマン経営者

それを言っては・・・
それを言っては・・・

   その基本は、怒りを感じてから6秒間やり過ごす、というもの。人間は怒りを感じると、アドレナリンが急激に発生するのですが、発生から約6秒でそのピークが過ぎるのだと言います。すなわち、怒りを感じて6秒以内に感情に任せた言葉を発してしまったり、行動に出たりしてしまうと、相手を必要以上に傷つけ、取り返しのつかない亀裂が生じることもあるのです。

   オーナー企業経営者というものは、自分で事業を立ち上げて会社を形づくってきたという自負があるからでしょうか、ワンマン経営は当たり前。自分の思うようにいかないと、社員相手にどなり散らしたりモノにあたって威嚇したり、などとおよそアンガーマネジメントから程遠い行動を平気でとっている社長も多いと感じています。その奔放な怒り様故、思わぬ失敗を招いたと言う場面も何度か目にしてきました。

   数年前の事ですが、Web関連のITコマースビジネスで急成長を遂げていたB社を、弊社提携先の会計士と今後の事業展開のヒアリング目的で訪問した時のことです。面会相手は当時40歳で創業者のK社長。社長室隣接の社長応接に通され挨拶まじりに談笑を始めたその時、突然社長の携帯が鳴りました。

「うん、何?...。電話じゃよく分からん、すぐこっちに来て説明して」
大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中