1日の労働時間を20分短縮 味の素、ワークライフバランス推進で労使合意

印刷

   味の素は2016年春闘の労使交渉で、社員の所定労働時間を1日あたり20分短縮することで労働組合と妥結した。3月9日、NHKなどが報じた。

   月額給与を一律に底上げするベースアップは行わないものの、労働時間を短縮しながら基本給を維持するため、実質的には月1万4000円以上のベアに相当するとしている。短縮後の所定労働時間は1日7時間15分となる。

   味の素は2年連続でベアを実施。16年の春闘交渉では、労働組合側がワークライフバランスの推進のため、ベアではなく労働時間の短縮を求めていたこともあり、これに応じた。1日20分の短縮で、年間の所定労働時間は80時間の削減となる。

   2017年度から実施する。

毎日20分早く終われば・・・
毎日20分早く終われば・・・
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中