2020年 11月 25日 (水)

課長に「頑張ってください」はOKっすか? 気を付けよう口のきき方

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   目上の人への言葉遣いは気を遣うものだ。「ご苦労様」が失礼にあたるというのは広く知られるところだが、一般に目上や同僚に用いるとされる「お疲れ様」も、そもそもは目上が目下にかける言葉で、場合によっては違和感をもって受け止められることもある。ほかにも何の気なしに使った言葉で眉をひそめられてしまった......という苦い経験がある人も少なくないだろう。

   それでは、異動する上司に対して「頑張ってください」は正しいのか?

下の者に言う言葉?

失礼にあたる?
失礼にあたる?

   Q&Aサイト「OKWAVE」に、「『異動先でも頑張ってください』と言うのは失礼ですか」というトピックが投稿された(2016年5月23日)。

   若手社員が55歳の課長に「異動先でも頑張ってください」と見送りの言葉を言っていいものか悩んでいる様子。「『頑張ってください』って言うのが上から目線になりますか?」と、意見を求めている。

   回答者からは、

   「寄せ書きとかメールなら『お体にも気をつけて』『ご活躍ください』が正式でしょうが、口頭ベースでは『頑張ってください』で全く失礼にはあたりません」

   「本当にかしこまった席では微妙かも知れないですが、それなりに普通に喋れる上司であれば、『お体にお気を付けになって頑張ってくださいね。』っていっても嫌な気分になる方は少ないと思います」

と、栄転ならば問題ないのでは、という判断が示される一方、

   「頑張るという言葉はやっぱり、酸いも甘いもまだ自分では分からない若者にこそ、似つかわしい気がします。基礎がないから、ちょっと頑張っただけでは何も見えないし不安が尽きない、そのグレーな期間を乗り越える為に(とにかく)頑張れ、頑張ればいずれ何か見えてくる、と後押しする意味があるのだと思います」

   「頑張れというのは、下の者に言う言葉だと思います。『新天地でも、ご活躍をお祈りしております』『ご栄転おめでとうございます、陰ながら応援いたします』私ならこう話すかな?」

と、年長者への贈る言葉としては首をかしげる人もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中