2020年 7月 17日 (金)

平均所得712万円に実感わかず 「生活が苦しい」子育て世帯63%

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   厚生労働省は7月12日、「平成27年国民生活基礎調査の概況」を発表した。調査結果によると、平成27年6月4日時点での全国の世帯総数は5036万1000世帯。そのうち「夫婦と未婚の子のみの世帯」が1482万世帯(全世帯の29.4%)と最も多く、次いで「単独世帯」が1351万7000世帯(同26.8%)、「夫婦のみの世帯」が1187 万2000世帯(同 23.6%)となっている。

   世帯類型では、「高齢者世帯」が 1271 万4000世帯(同25.2%)、「母子世帯」が79万3000世帯(同1.6%)だった。

平均所得以下60%超

格差が大きい現状
格差が大きい現状

   この数字を受けてツイッター上では、

「高齢者世帯が25.2%って、すごい数字だ」
「余裕があったらご近所の高齢者単独世帯に気をつけてあげて」
「単独世帯になりたくない」
「パートでも、単独世帯でも、きちんと生活できる給料にしてください」

といった感想や意見が飛び交っている。

   あわせて各世帯の所得状況も発表されたが、平成 26 年の1世帯当たりの所得金額は全世帯平均で541万9000円。ただし、中央値(全世帯を所得金額順に並べたとき、ちょうど真ん中に当たる世帯の額)は427万円で、平均所得金額以下の割合は61.2%となっている。高齢者世帯は297万3000円、児童のいる世帯は712万9000円。

   平均所得以下の世帯が6割を上回る現状で、調査に「生活が苦しい」と答えた世帯も多く、全世帯の60.3%、高齢者世帯の58.0%、児童のいる世帯の63.5%にのぼった。

   ツイッター上でも、

「平均なんか意味ない」
「平均所得が上がっても、6割が『生活が苦しい』と感じているなら格差が広がっているということ」

など、統計の数字以上に実感が苦しいことを訴えるコメントが見られた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中