2019年 12月 13日 (金)

再生医療はいまが「旬」と見る 選んだ銘柄は「医薬品」ではなく......

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   再生医療は、いまが「旬」と思っている。少子高齢化社会の到来で成長分野として期待され、国も後押ししている分野だからだ。

   とはいえ、医療関連銘柄は会社四季報の「医薬品」でみても63社と少なくない。そんな中で注目したのは、「精密機器」に分類されていた、JASDAQ市場に上場するジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J‐TEC)だった。

  • 狙ったのは再生医療関連(写真はイメージ)
    狙ったのは再生医療関連(写真はイメージ)

「規制緩和」の記事に注目

   J‐TECは国内初の自家培養軟骨と自家培養表皮を再生医療製品として販売するベンチャー企業。2009年1月に日本初の再生医療製品として、自家培養表皮の「ジェイス」を発売。翌10年に富士フイルム(富士フイルムホールディングス傘下)が同社の第三者割当増資を引き受け、筆頭株主に。その後14年12月の払い込み完了により、子会社化した。

   J‐TECの再生細胞医療製品「ジェイス」は、患者の皮膚から切手大の皮膚を切り取って培養し、3週間ほどかけて畳1畳分ほどの大きさにした表皮だという。

   ただし、「ジェイス」の作成受注後に患者が亡くなって中止となる確率が毎年40%ほど。中止になった場合、細胞の受け取りから培養に至る経費はJ‐TECの持ち出しとなる。製品をつくるのに時間がかかり、完成前に患者が亡くなるという問題を抱えてきた。

   気になりはじめていたものの思いきれずにいたとき、目にとまったのが2014年12月5日付の日本経済新聞の「新法で規制緩和」「再生医療 素早く審査」の記事だった。そこには、「IPS細胞などを使う再生医療を安全かつ速やかに広げるため、(2014年)11月下旬に法律ができた」とあった。

   これなら「再生医療」が実現するスピードが早まると考え、再生医療に携わる企業にとって、大きな「買い」材料になると判断した。

   加えて、J‐TEC株の購入の決め手になったのが、富士フイルムによる買収だ。買収時(2014年4月1日)の価格が1株1900円。その後の14年12月15日にJ‐TEC株を1455円で100株、初めて買った。「少なくとも買収時の価格は上回るだろう」と予想し、高値が付くと読んだ。少し長期的に保有しようと考えていたこともある。

   さらに、日本経済新聞(2015年3月31日付朝刊)には、「富士フイルムHDがセルラー・ダイナミクス・インターナショナル(CDI)を買収。それにより、富士フイルム(細胞が増殖するための素材)、CDI(IPS細胞の生産)とJ‐TEC(軟骨・皮膚の再生医療製品)の3社で、再生医療に必要な技術がひと通りそろう体制を敷いている」と、書かれていた。

   この報道に、富士フイルムHDの再生医療への並々ならぬ力の入れ具合を感じたし、「J‐TEC」の成長が期待できるとも思った。

   2015年の1年を通して、株価が下がれば買い増し、上がれば利食い売りを繰り返した。

石井治彦(いしい・はるひこ)
   1970(昭和45)年に大学卒業後、自動車大手に勤務。リース販売を手がける。投資歴は実質25年。入社後にユーザーと接するなかで得た情報と自分の知識で、最初のボーナスをもとに株式運用を開始。しかし、78~98年の20年間は投資する余裕がなく、休止に。それが幸いしてバブル崩壊の痛手は軽傷だった。ただ、いつでも動けるよう、日本経済新聞をはじめ経済誌などには目を通していた。
   「現物株式取引」と「長期投資」が基本姿勢。2011年の退職後は少しの小遣い稼ぎと、興味をもって経済誌を読むために株式を保有している。現在、14の銘柄で、1万3800株を運用。東京都出身、69歳。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中