2020年 10月 29日 (木)

職場のお菓子に知られざる闇 人間関係の機微、甘く見ないで

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   疲れたとき、気分転換にお菓子をひとつ......思わずにっこり。 職場への置き菓子サービス「オフィスグリコ」を導入する事業所が全国約10万か所に達するなど、「仕事場とお菓子」は切っても切れない関係のようだ。

水羊羹のお礼にクッキーを

手づくりのお菓子が波風を立てることも
手づくりのお菓子が波風を立てることも

   ところがどっこい、実際の職場ではお菓子をめぐるトラブルがけっこう多いらしい。Q&Aサイト「発言小町」には、「お菓子の差し入れをしたら、同僚が急に冷たくなった」という書き込みがあった(2016年9月4日)。

   投稿したのは40代パート勤務の女性。ある日、「お菓子作りは初めて」という同僚が水羊羹を作ってきてくれ、みんなで食べた。お礼の気持ちで翌日、投稿者がクッキーとマフィンを差し入れたところ、職場の仲間に大好評。その同僚も「すごいね!」とほめてくれた。しかし、それ以降はよそよそしくなり、向こうからは一切話しかけてこなくなったという。

「どうしたら良いでしょうか。仕事も何となくやりづらいです」

と女性は問いかけたのだったが、回答者からは非難轟々。

「はた目には『私の方が上手なのよ』とコテンパンにしてやろうという感じに見える。わざわざ翌日に作らなくてもいいのに」
「完全にマウンティングですね」
「張り合うように翌日に手作りお菓子を持っていくなんて嫌味でしかないじゃん。しかも品数増やして、水羊羹より手が込んでるし」
「新車(国産車)を購入した人に『奇遇だね~私も新車にしたんだ~』と言った後に『あ、でも私はベンツだけどね~』と言って自慢したみたいなものです」

   その同僚が気を悪くするのも無理はないという叱声が飛んだ。こうした厳しい反応に投稿者は、

「びっくりしました! えーっ、そんなに嫌味にとるの? というのが正直な感想です。本当に張り合うつもりはなかったんです。今度からは気をつけます」

と反省しきり。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中