2021年 1月 22日 (金)

気配り女子アナに学ぶ贈り物術 相手の心温める「大人の女」に

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

ちょっとした気遣いができるか

   田中さんだけではない。その後、私はフリーアナウンサーの榎本麗美さんと初めて食事へ行ったのだが、その際、麗美さんは素敵なボディケアグッズをプレゼントしてくれたのだ。元はといえば私から声をかけ、「彼女の」転機をお祝いする会のつもりであった。それなのに、私にプレゼントをいただくとは......。しかも、女性には嬉しいボディケアグッズ。私は麗美さんの気遣いに脱帽し、彼女のことがもっと好きになった。

   まだある。先日、私がホステス役を務めたトークショーで、ご招待客の中に偶然「モーニングCROSS」の某コーナーを担当するフリーアナウンサー、槙あやなさんがいらっしゃった。私は彼女と、一度しか話したことがなかったが、なんとあやなさんは、会場で会うなり「これ、お荷物になってしまうかもしれませんが......」と言いつつ、袋入りの焼き菓子を差し入れてくれたのだ。ほぼ初対面なのに、贈り物。私からはもちろん何も用意できず、申し訳ないやら嬉しいやらで胸が熱くなった。

   立て続けに女子アナウンサーの方々から贈り物をもらい、私は考え込んでいる。これまで私は、食事の相手に贈り物を持参したことがあっただろうか。節約中だから、ケチだからと理由をつけて、そういう「ちょっとした気遣い」が全くできていなかったのではなかろうか。その気遣いが、どれだけ相手の心を温めるか、お金では買えない信頼感情や好意につながるか、考えたこともなかったのだ。

   そういう目に見えないことにお金を使えるのが、本当の「大人」というものだろう。もうすぐ30歳。これからはドケチぶっていないで、ちょっとした贈り物が上手な「大人の女」になりたい。いや、なってやる!(北条かや)

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中