2019年 6月 25日 (火)

身近な買い物もキャッシュレス 「買っちゃえ」と悪魔ささやく?

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   Suicaなどのプリペイドカードや携帯のおサイフ機能が幅広く浸透して、身近な少額の買い物でも現金で払わず「キャッシュレス」という人が増えているのではないか。

  • コンビニでも進むキャッシュレス支払い
    コンビニでも進むキャッシュレス支払い

コンビニではすでに4人に1人強が

   「一太郎」などのソフトウェアで知られるジャストシステムが行った「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」では、キャッシュレス派がじわりと勢力を拡大していることが裏付けられている(2016年9月度=調査期間:2016年9月29~30日/調査対象:15歳~69歳の男女1100人)。

   たとえば、コンビニでの支払いに「現金を使わない」は12.0%、「現金を使わないことが多い」は15.2%、「現金で支払うことが多い」は19.4%、「現金で支払う」は48.4%という結果になった。

   おおよそ現金で支払う人が3分の2を占める一方で、「現金を使わない」「現金を使わないことが多い」を合計すると27.2%。すなわち、コンビニではすでに4人に1人強が、だいたい現金以外の支払いを選んでいることになる。

   また同調査で、直近の1年間にネットショッピングを利用した人に対し、使用したツールについて聞いたところ、「パソコン(デスクトップ、ノート)」は61.1%、「スマートフォン」は34.0%となった。

   ネットショッピングにスマホを利用する女性の割合を年代別に見ると、10代は67.6%、20代は62.0%、30代は64.8%と、いずれも利用が6割を超えている。

   さらに、スマホのショッピングで「Webとアプリのどちらを利用するか」を聞いたところ、43.1%の人が「アプリの方が多い」と回答し、「Webの方が多い」(32.5%)を上回った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中