2020年 11月 28日 (土)

物欲失せても欲の総和は不変か 満たすために走り続ける他なし

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   最近めっきり物欲がなくなった。少し前まで、あんなに洋服やカバンがほしかったのに、今は買い物に出かけても「こんな小さなハンドバッグに5000円?   信じられない」とか、「しまむらでも売っていそうなスカートに8000円も出せないわ」と、なんだかんだ値段やデザインに文句をつけて買わなくなった。

   一体どうして物欲が消えたのか。ある先輩のことを思い出す。

  • 「あれも欲しい、これも欲しい」が続くのか
    「あれも欲しい、これも欲しい」が続くのか
  • 「あれも欲しい、これも欲しい」が続くのか

欲望のままに買い物を続けると

   たとえばあなたが、欲しいものをなんでも買っていいよ、と言われたとする。値段の上限はなし。高級ブランド店へ行って、あれもこれもと買いまくる。高級家電に、欲しかった最新のPC、スマホ、さらにはタワーマンションまで......こうして、欲望のままに買い物を続けていくと、あるところで「何も欲しくなくなる」らしい。

   私の知人女性は、30歳になるあたりで年収のピークを迎え、とにかく買い物をしまくったそうだ。おしゃれな彼女は洋服に散財し、欲しいものはすべて手に入れた。そんな先輩に「うらやましいです。私なんてお金がないから、高い服が買えなくて」とこぼすと、彼女は笑ってこう言った。

   「一度、欲しいものを際限なく買ってみると、ある時期から『何もモノが欲しくなくなる』のよ」そんな彼女は今、結婚して、Instagramに手作りの田舎料理をアップしている。ブランド服で着飾る生活から、一気に「ていねいな暮らし」へシフトしたらしい。

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中