鉄関連会社がミドリムシ商品化 50種類以上の栄養素を含む

印刷

   神戸製鋼のグループ会社、神鋼環境ソリューションは2017年1月16日、ミドリムシ(ユーグレナ)を用いた食品事業を開始すると発表した。ミドリムシはワカメや昆布などと同じ藻の一種で、50種類以上の栄養素を含んでいる。また、細胞壁をもたないため消化しやすく、摂取した際の吸収率も高い。化粧品やバイオ燃料への利用も期待されている。

  • ユーグレナグラシリスEOD-1 乾燥粉末
    ユーグレナグラシリスEOD-1 乾燥粉末

高品質な品を安定生産

   神鋼環境ソリューションは、2014年にミドリムシの本格培養が始め、商品化に向けて培養技術の改良を進めていた。

   商品として販売される乾燥粉末「神戸ユーグレナ」は、無菌状態のプラント内で培養されたミドリムシを材料とするため、天候に左右されずに高品質な品を安定生産できるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中