2019年 8月 18日 (日)

女性の半数に「うんざり感」が 「SNS断ち」発心する人も

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   LINEやTwitter、Facebook、InstagramなどのSNSは、いまや多くの人にとって欠かせないツールであるが、いつでもどこでもチェックできる便利さゆえにかえって「SNS疲れ」を感じている人も多いようだ。

  • きりがないので疲れてしまう
    きりがないので疲れてしまう

ずっと見せられ続けると......

   女性のための転職サイト「@type」によると、「最近、SNSを見ていて『うんざり』したことはありますか?」という質問に、未婚女性の57.8%、既婚女性の52.5%が「ある」と答えた(転職サイト『女の転職@type』の20代~30代女性会員へのWebアンケート/2016年12月実施/有効回答者数333人)。

   同調査に寄せられたコメントを見ると、

「SNSを開くと、必ず誰かの結婚式の写真が。つらい」
 「『スノー(SNOW)』というアプリが流行っているようで、投稿される写真のほとんどがクマみたいなものや、リスみたいなものに加工された人たちの自撮り写真ばかり。最初はかわいいかなとも思ったが、ずっと見せられ続けるとやっぱり気持ち悪い」
 「やたら胸の谷間をアピールする写真ばかりアップする人がいる。1日に何度もタイムラインに谷間が流れる」
 「職場の人との飲み会風景をアップして、『お前ら最高』的な内容をやたら酔いしれた文体で投稿している人を見たとき」

など、これでもかと寄せられてくる投稿に食傷している様子が見てとれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中