2021年 1月 21日 (木)

「また」「あと」の多用 【エントリーシート4】

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

「並列」では違いを強調できない

   同じことがエントリーシートにも言えます。伝えたい内容が複数ある場合、学生は「また」「あと」を多用してしまいます。それで、読み手はストレスを感じます。そこをうまく整理すれば、「また」「あと」を多用せずに済みます。

   講師の例に戻ると、AとBではもう1点、大きな違いがあります。

   どちらの講師も締めくくりに「自己PRとガクチカについては次回解説しますので、よろしければ講座にご参加ください」と述べていますが、表現が違います。

   講師Bは、今回は文章表現について3点話をした、では内容であるじこPRとガクチカはどう書くか、それについては次回話をする、と整理して学生に伝えています。すなわち、

   今回とは中身が変わるので次回もぜひ参加して、と強調しています。

   講師Bはどうでしょうか。「また、自己PRとガクチカネタをどうするか、ここも重要です。それについては、次回、解説しますので......」。次回の説明についても、「また」を使用しています。つまり、今回解説した文章表現と、次回解説したい自己PRとガクチカが並列になってしまっています。これでは、参加学生は次回の話に新味を感じることができず、うんざりしてしまうに違いありません。

   では、就活生は、「また」「あと」をどう使えばいいでしょうか。エントリーシートで使うのは構いません。ただし、です。

   書きあげてから、「また」「あと」を何度も使っていないか、確認してください。もしも2回以上使っていたらアウト、と思ってください。「2回以上」とは、「また」を2回、という意味ではありません。「また」と「あと」を1回ずつでもアウト。

   1000字以上、書くというのなら話は別です。大体のエントリーシートは1項目あたり200字か300字、長くても500字程度です。であれば、「また」「あと」を2回以上使うと、くどくなります。文章のリズムを出す、という意味でも「また」「あと」を消しましょう。

   そして、前後を調整して、「伝えたいことは2点ある。第一に~、第二に~」と、変えてみてください。同じ内容でも、読みやすさが大幅に改善します。

   この「また」「あと」表現、就活生ばかりか、内定学生や社会人でも怪しいところです。ある私の知人も、文章や会話でやたらと使いたがる方でした。私がそのことを指摘すると、それはそれは気分を害されて、他の事情も合わさって、国交断絶状態に。「あと」、その後日談についてもお話ししたいのですが、それは「また」。(石渡嶺司)

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中