2018年 12月 19日 (水)

指紋で重要ファイルを安全管理 USB接続の小型リーダー発売

印刷

   周辺機器メーカーのサンワサプライは、重要なファイル・フォルダを不正使用や盗難から守るUSB接続の指紋認証リーダー「FP-RD3」を発売した。専用ソフトでファイル・フォルダを暗号化し指紋認証の設定をすると、登録者が指をリーダーにかけ解除しないかぎり開けなくなる。同社によれば、複雑で文字数の多いパスワードの設定・管理が不要になり、セキュリティコストを削減できるという。

  • サンワサプライの指紋認証リーダー
    サンワサプライの指紋認証リーダー

最大10件まで指紋登録

   Windows 10以降でWindows HelloとMicrosoft Edgeを利用する場合、WebサイトのID・パスワードの入力の代わりに、指紋認証を使うこともできる。指紋は最大10件まで登録ができ、グループでの使用にも対応する。

   リーダーのサイズは24ミリ×36ミリ×19ミリと小さく、持ち運べる。指紋をスキャンするように滑らせ読み取らせる。

   Windows 10、8.1、8、7に対応。専用ソフトと10センチのUSB延長ケーブルが付属する。価格は1万5984円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中