2018年 10月 24日 (水)

女性の平均賃金、3年連続最高 格差縮まるも「男女同一」なお遠く

印刷

   厚生労働省が2017年2月22日に公表した2016年の賃金構造基本統計調査によると、フルタイムで働く女性の平均賃金は月額24万4600円で、3年連続で最高となった。男性の賃金の73%を占めるまでになり、男女格差はこの20年で10ポイント縮まった。男女の賃金格差は過去最小となったが、男女間の「同一賃金」の実現はなお遠いようだ。

  • 女性の平均賃金、2016年は過去最高だけど・・・
    女性の平均賃金、2016年は過去最高だけど・・・

役職者の女性割合は過去最高

   短時間労働者以外の一般労働者(非正規含む)の平均賃金は前年と同額の30万4000円。このうち、女性は24万4600円(前年比1.1%増)で過去最高。男性を100とした賃金格差は過去最小の73.0だった。

   正社員は32万1700円(0.2%増)、非正規は21万1800円(3.3%増)、短時間労働者も時給1075円(1.5%増)で、すべて過去最高だった。

   また、役職者(部課長級)の女性割合は過去最高の9.3%(前年比0.6ポイント増)だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中