2020年 12月 1日 (火)

「トランプ英語」で英語に慣れよう(2)

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   「やり直し」英語のポイントは、受験英語を忘れることです。

   「学校で学ぶ教科」としての英語ではなく、「実社会で使うツール」としての英語に徹底的にこだわりましょう。間違っても、受験勉強で使った参考書や「でる単(単語集)」に手を出してはいけません!

  • フォロワーは2620万人超!(米トランプ大統領のツイッターから)
    フォロワーは2620万人超!(米トランプ大統領のツイッターから)
  • フォロワーは2620万人超!(米トランプ大統領のツイッターから)

まず、トランプ大統領のツイッターをフォローしよう

   「やり直し」英語を成功させるヒケツは、「生きた英語」にダイレクトに触れて「英語のおもしろさ」を知ることです。まず、「生きた英語」に慣れることから始めましょう。

   学生時代に使った教科書やラジオ講座のテキストブックに掲載されている英語ではなく、ニュースやビジネスの場面で、リアルタイムに使われている英語に触れる習慣をつくります。

   「生きた英語」のオススメは、「トランプ大統領の英語」です。

   前回の「今週のニュースな英語」でも取り上げましたが、トランプ大統領は簡単な単語や言い回しを好んで使います。

   前任のオバマ大統領はスピーチの名手でしたが、格調の高い単語を使うことが多く、正直、私にはレベルが高すぎました。その点、トランプ大統領の英語は、(内容の善し悪しはともかく)シンプルで分かりやすいことが特徴です。

   しかも、いまや世界中の誰もが注目する人物ですから、彼のツイッターやスピーチは、生々しいほどの臨場感にあふれています。シンプルで分かりやすくて、英語のダイナミズムを体験できる「トランプ英語」は、「やり直し」に最適な教材です。

   これを活用しない手はありません。

   手始めに......

(1)トランプ大統領のツイッターをフォローする

   トランプ大統領のツイッターをフォローしましょう。英語に慣れるためには、あれこれと手を広げるよりも、特定の英文や情報にコンスタントにふれる「習慣」が大切です。トランプ大統領はまめにツイッターを更新するので、多い時は1日に4~5回も英語に触れることができます。習慣化にはピッタリの「教材」です。

   ちなみに、トランプ大統領のツイッターは、就任前から続けている@realDonaldTrumpと、大統領公式アカウントの@POTUSがありますが、ここでは更新回数が多くて本音が満載の前者をおすすめします。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。TOEIC(R)L&Rテストの最新スコア970点。これまで英検、TOEIC、TOEFL、IELTSをすべて受験し、GMATにも挑戦。30年近く仕事をしながら英語を学び、海外駐在員として滞在したロンドンでは、イギリス式の英語学習法も体験した。「いくつになっても英語は上達できる」をモットーに、40代での英語やり直しを提唱している。現役ビジネスパーソンならではの実践的なアドバイスが「役に立つ」と人気。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中