「やよい軒」にアニメファンが殺到 聖地巡礼で売り上げ5割増し

印刷

   「今年もやよいちゃんパニックが始まる......」「やよいの誕生日なのでやよい軒高槻店に来ました」――。

   定食チェーン「やよい軒」の大阪・高槻店に2017年3月25日、「アニメファン」が殺到し、長い行列をつくる「非常事態」が起こった。

  • ブシロードスリーブコレクションHG Vol.1243「高槻やよい」(Amazonより)
    ブシロードスリーブコレクションHG Vol.1243「高槻やよい」(Amazonより)

年に一度の大イベント!

   この店は、アニメ「アイドルマスター」に登場する人気キャラクター「高槻やよい」の名前にちなみ、「聖地」としてアニメファンに知られる。

   キャラクターの誕生日である3月25日は、「高槻やよい生誕祭」「やよいちゃんパニック」と呼ばれ、ファンが店舗に訪れては「来店報告」とともに誕生日を祝うメッセージをツイッターなどに寄せる。

   こうした現象について、「やよい軒」を運営するプレナスの広報室は3月28日、J‐CASTニュースの取材に、

「2012年から13年ごろからこの現象に気づきました」

と明かした。

   とはいえ、同社は聖地巡礼をPRしたり、販促グッズを制作したりといった「聖地巡礼マーケティング」はしていないという。インターネットでの口コミを中心に、じわりとその存在が広まったようだ。

   今年の「生誕祭」は土曜日だったこともあり、終日列がとぎれないほどの「大盛況」。通常営業日の「5割」ほど、売り上げが伸びたと話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中