味の素、毎週水曜日は「17時」閉館 早帰りを徹底

印刷

   味の素は2017年4月5日から、働き方改革の一環として毎週水曜日に、東京・京橋の本社ビルの閉館時刻を原則17時とする。

   同社はこれまで、「ノー残業デー」と定める水曜日に限り、本社ビルの閉館時刻を原則18時としていた。

  • グローバル基準に近づけたい!
    グローバル基準に近づけたい!

「グローバル基準に近づけたい」

   17時までに仕事が終わらない社員は、上司に申請すれば19時まで退社時間を延ばせるようにしているが、それ以降は完全に閉館し、早帰りを徹底させる。

   また、同社は3日から、1日あたりの所定労働時間を20分短縮。これまで8時45分~17時20分だった労働時間を、8時15分~16時30分に変更。所定労働時間を7時間15分としたほか、自宅や契約する貸しオフィスなどで仕事ができるテレワークの対象となる社員を、4月から3500人に拡大。「働き方改革」を一段と進めた。

   広報担当者はこうした「働き方改革」の狙いについて、

「長時間残業を是とする日本の風土から脱却し、グローバル基準に近づけたい」

と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中