2020年 2月 20日 (木)

62歳「サバ読み」女がハマった、ホストクラブの魅力はあの・・・!?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   出資法違反の疑いで熊本県警から国際手配され、逮捕された62歳の日本人女性。「自称38歳」が独り歩きして話題になっているが、彼女は日本のみならず海外のホストクラブでも豪遊、数千万円以上を貢いでいたという。

   中高年女性がハマるホストクラブの魅力とはいったい、なんだろう。

枝豆だけで、ポンと50万円

   私のパートナーである「ヒモさん」は、東京・新宿の歌舞伎町で元ナンバーワンホストだった。本人はあまり当時のことを話したがらないが、小さな店とはいえ、ひと月に1000万円も売り上げていたという実績は、率直にスゴイ!と思う。

   ヒモさんを指名していたお客は、風俗嬢やホステス、キャバクラ嬢など「夜のお仕事系」から、看護師や秘書などの「普通のOL系」、あとは何といっても「年上のオンナ系」である。ここには社長夫人や、会社経営の女性などが含まれるが、彼女たちのお金の使い方はもの凄いらしい。

   マダム系の「太客」(他の客より多額のお金を落としてくれる客)が「閉店間際に訪れて、お酒も頼まず『枝豆』だけで50万円の会計にしてくれた」なんてエピソードはザラで、「伊勢丹でオーダーメイドのコートを仕立ててくれて、お会計はよく分からないが百万円くらいになっていたかもしれない」とか、「外車をいとも簡単に買ってくれようとする」など、大人のホスト遊びは優雅で豪華なのである。

   マダムたちは弱冠23歳のヒモさんを、まるで若い恋人のように扱い、自分好みに育て上げる。すべては「お金」の成せる業だ。

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中