2018年 9月 22日 (土)

首都圏の渋滞損失、「労働力84万人分」に匹敵

印刷

   首都圏の交通渋滞による経済損失が、約84万人の労働力に匹敵することがわかった。国土交通省が2017年5月26日に発表した「首都圏白書 2017年版」によると、全国の渋滞で失う「渋滞損失時間」は約280万人に匹敵。そのうち首都圏だけで3割分を占めている。

  • 交通渋滞は、大きな経済損失だ!
    交通渋滞は、大きな経済損失だ!

東名・横浜町田~海老名JCT、上下線で激混み

   渋滞に費やされる時間について、首都圏白書は物流産業、ひいては日本経済にとって、「大きな損失の原因」と指摘。「道路移動時間の約4割は渋滞に費やされている状況」としている。

   高速道路(IC区間別)の渋滞ワーストランキング(2015年)をみると、東名高速道路の海老名ジャンクション(JCT)~横浜町田(上下線)や東名川崎~東京(上り)、中央自動車道の調布~高井戸(上り)など、首都圏の高速道路の渋滞がひどい。

   国交省は、「渋滞損失時間が最も集中している首都圏では、労働力の確保の観点から渋滞を解消し、社会全体の生産性の向上を目指すことが不可欠である」と強調。渋滞解消のため、圏央道や外環道などの整備を進めていくとしている。

   なお、首都圏白書は首都圏整備法に基づき、1都3県と北関東3県、山梨県の現状をまとめた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中