2019年 11月 21日 (木)

「役割が変わり、働き方が変わる」 僕が退任を決めた理由(ライフネット生命・出口治明)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   去る2017年6月25日、ライフネット生命保険の定時株主総会がありました。その場で、私、出口治明は正式に代表取締役会長を退きました。

   ここに改めて、そのワケときっかけとなった1冊の本の話をしたいと思います。

  • 退任の理由は……
    退任の理由は……

若きリーダーに託す意味

   僕が取締役を退く決意を固めたのは、今年(2017年)の正月休みのこと。創業から10年が経ち、古希を迎えるにあたって、これから10年のことを考えている中で、ある本のことをふと思い出したからです。

   それは以前、保険の歴史を学んだときに読んだ1冊です。

   19世紀の米国で、小さな保険会社の社長が退任しました。その社長は辞める前に、自らをエレベーター係に任じたのです。もちろん、給与も下げました。

   エレベーター係の元社長を前にして最初の1週間、社員は階段を使いました。それはそうでしょう。昨日まで社長を務めていた人がエレベーター係として目の前にいるのですから。どんな顔をして乗ったらいいのか、居心地がいいはずはありません。

   しかし、そんなことはそうそう長くは続きませんでした。少しずつ社員はエレベーターを利用するようになります。元社長はエレベーター係の仕事に徹します。そうしているうちに、ある変化が起こったのです。エレベーター係に徹する元社長の姿に、会社の雰囲気が変わり、社員一人ひとりがもっと会社のために働きたいと思うようになったのです。つまり、社員一人ひとりが、自身が与えられた「役割」、「機能」から会社を支えようと頑張るようになったのです。

   「僕ができる『役割』が変わろうとしている」と強く感じて、退任を決意したのです。

   決意をみんなに打ち明けると、やはりというか、会社は「最高顧問」という肩書を用意してくれました。しかし、僕は断りました。「ここはエレベーター係に徹しなければ」、「創業者という事実だけで十分だ」と。

   僕は今年4月で古稀を迎えました。古稀を迎えた人間が第一線を退き、これから脂がのっていく30代の2人(木庭康弘氏、森亮介氏)を新たに取締役に迎え、41歳の社長の両翼として活躍してもらうほうが、ライフネット生命の将来は楽しみだし、ライフネット生命に加入してくださるお客さまにも安心してもらえるだろう、そう考えたのです。

   若手の台頭には、希望が持てます。あの、フランスでも39歳のミシェル・マクロン大統領が誕生しました。若きリーダーに、フランスは沸いています。日本の会社も、そうあるべきなのです。

出口治明
出口 治明(でぐち・はるあき)
ライフネット生命保険株式会社創業者。1948年三重県生まれ。京都大学卒業後、1972年に日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを歴任。2008年、ライフネット生命保険株式会社を開業。著書に『生命保険とのつき合い方』(岩波新書)、『働く君に伝えたい「お金」の教養--人生を変える5つの特別講義』など。
2018年1月から、立命館アジア太平洋大学学長、学校法人立命館副総長。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中