社長、コンプラとの違いわかります? ガバナンスとは「操舵」ですよ(大関暁夫)

印刷

   先般も相次ぐ大企業の不祥事関連の話題を取り上げましたが、この問題に対する中小企業経営者の関心も当然の如く高いようです。

   ここにきて、知り合いの中小企業のお二人の社長から相次いで同じような質問を受けました。それは、「企業不祥事がらみでよく耳にするガバナンスとコンプライアンスの違いは何か」「コンプライアンスもちろん知っているが、ガバナンスとは上場企業向けコンプライアンス基準のことか」というものです。

   しかも、お二人ともこの質問をされたときのニュアンスが、「中小企業のうちには関係ないだろうけど、一応聞いておく」的なものであったのが、印象的でもありました。

  • ガバナンスがなってない!?
    ガバナンスがなってない!?

コンプライアンスとガバナンスの違いは?

   確かに、「コンプライアンス」は日本で語られるようになって早20年近くが経ち、法令遵守という比較的理解しやすい日本語訳の存在も手伝って(その訳が適切であるか否かは別として)、中小企業経営者あるいは従業員にもかなり浸透してきているように思います。

   一方の「ガバナンス」はどうかと言えば、その用語の登場時期こそコンプライアンスと大差ないものの、なぜかその用語的理解においては、かなりな心許ない感が否めないのは厳然たる事実ではないでしょうか。

   まずはその和訳ですが、一般には「企業統治」と訳されるケースが多いようですが、この言葉自体がわかったような、わからないような、じつに曖昧な日本語訳である印象です。

   そのうえ、不祥事がらみのニュース報道でばかり耳にしていると、ガバナンスという言葉を聞くと、「不正を正す」とか、コンプライアンス同様の「法令を守る」といった意味合いとして受け取られしまいがちなようです。

   実際には、ガバナンスはラテン語の「Gubernare」が語源の、船を操舵することを意味する言葉です。「操舵」とは、ただ単に舵をとって船を前に進めることだけを意味しているのではありません。船の構造や性質、乗務員の力量や健康状態、さらには積荷が何であるかなどにも配慮して、気象を勘案し海図を読み込んで、目的地まで安全かつ迅速に到着させることを意味しているのです。

   すなわち、単に悪いことやマイナス事象が起きないように注意を払うばかりではなく、いかに前向きにより良い成果を上げるかまでをも含んでこその操舵なのです。

中小企業の社長は「操舵」の意味を理解せよ!

   この「操舵」を企業経営に置き換えるなら、ヒト、モノ、カネ、情報といった経営資源を、めまぐるしく移り変わる環境の中で、いかに適切に活用、投下して、より大きな成果を上げられるような中長期的な戦略を構築し、自社を前に進めていくのか、ということになるでしょう。

   もちろん、その過程においてルール違反などの不祥事が起きないように内部的な管理を並行して行うことも、ガバナンスが指し示すことの一部ではあるのですが、そればかりが注目されるのは正しい理解であるとは言えないのです。

   昨今、ガバナンスは上場企業を対象としたコーポレート・ガバナンスコードが制定されたなどというニュースが新聞紙上に踊ったこともあり、コンプライアンスに比べて中小企業には縁遠く、上場企業はじめ大企業向けの課題と思われがちでもあります。

   しかし、本来の「中長期的な企業価値向上を戦略的に考える」という意味合いを踏まえるなら、じつは企業規模に関わらず、どの企業にとっても、発展に向けては必要不可欠な要素であると理解いただけるのではないかと思います。

   中小企業はややもすると、目先の業績や短期的な戦術をどうするか、という視点でばかりモノを考えがちで、中長期的な視点に欠けている、そんな印象が強くあります。

   一方で、マイナス金利に苦しむ地方銀行には監督官庁である金融庁から、決算書と担保に頼らない事業性評価に取り組み、地域の中小企業の将来性に着目して融資を積み上げよ、とのお達しが出ています。せっかく決算書と担保に頼らない審査をする流れが動き出しているのに、肝心の中小企業の側に中長期的な視点がなくては、銀行は事業性評価のしようがないのです。

   私に質問をくれた、お二人の社長にはそんな事情も踏まえて、中長期的な視点に立ったガバナンス構築の重要性についてお話をさせていただきました。ガバナンスはコンプライアンス同様、すべての企業にとって重要であり、特に中小企業に欠けている成長に欠かせない視点を補うものであると、相次ぐ不祥事報道をきっかけとして正しい理解が広まらないものかと、切に願うところです。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中