2019年 10月 16日 (水)

次世代タクシーがお目見え! それに伴い、欠かせない「アレ」もリニューアル?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   トヨタ自動車が、次世代タクシー「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」が話題になっている。乗り降りしやすいフラットな低床とスライドドアを採用。観光客のほか、車いすの人や子どもから高齢者まで、さまざまな人に快適さを提供するタクシー専用車だ。

   この次世代タクシーの発売に合わせて、もう一つ、タクシーに乗車すると必ず目にする、あるモノが開発された。それが......

  • フクシンが開発した「深藍杢調生地」のシートカバー
    フクシンが開発した「深藍杢調生地」のシートカバー
  • 白い布製シートカバー
    白い布製シートカバー

「おもてなしの心」を表現するシートの生地を模索

   シートカバーリース業を営むフクシン(千葉県市川市)は、JPN TAXIの発売に合わせて、繊維大手の帝人フロンティアと共同開発した、新しいタイプのシートカバーを導入した。

   2017年10月23日に発売されたトヨタのJPN TAXIは、ボディーカラーには日本を象徴する色としての藍色「深藍(こいあい)」を取り入れ、来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催も見据えて、「日本の風景を変え、バリアフリーの街づくり、観光立国への貢献を目指す」(トヨタ)と、つくられた。

   従来、タクシーでよく目にするシートカバーは「白」。しかし、今回は藍色のクルマの色に合わせて、日本の伝統的な和のイメージである深藍と、現在流行している杢調(もくちょう)柄を取り入れた「深藍杢調(こいあいもくちょう)生地」を完成させた。さらに、従来どおりの白いレース生地「手鞠柄レース生地」も開発。ラインアップに加えた。

   完成したシートカバーは、業務用で、高い頻度の洗濯にも耐えられるよう、耐久性に配慮しているほか、三大汗臭(酢酸、アンモニア、イソ吉草酸)に対応した消臭機能も備えている。

   新しい車両のシートは、高級感のある合皮だったため、そもそもシートカバーが必要なのか、といった議論もあった。しかし、フクシンはJPN TAXIが実現したい「おもてなしの心」を、シートカバーでどのように表現できるか、帝人フロンティアやデザイナーらとミーティングや話し合いを重ねた。

   そして、できあがったのが伝統的な和装の「丹前(たんぜん)」と、現代的な杢調柄を組み合わせた生地。車両のイメージカラーである藍色からヒントを得て、採用が決まった。

   生地のコンセプトが決まった後も、シートカバーの調整はギリギリまで続いた。フクシンにとっては、新しく取り扱う布で、伸び縮み具合もこれまでの布とまったく違ったため、車両の仕様が更新されるたびに装着しては修正を繰り返した。

   結局、「シートカバーが完成したのは、車両の出発式の1営業日前だった」と、フクシンはいう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中