2019年 11月 22日 (金)

クローゼットに入りきらない衣服は断捨離! そのハズが...... まさかの物欲、復活の春(北条かや)

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   このところ、洋服をまったく買っていない。

   相次ぐ大雪や寒波で、春物ファッションに食指が動かないせいもあるが、店頭に並ぶ衣類を見ても、1ミリもほしいと思わないのだ。

  • クローゼットに真新しい洋服、やっぱり楽しい!
    クローゼットに真新しい洋服、やっぱり楽しい!

真新しい洋服を季節ごとに入れ替える、楽しい! 気持ちイイ!!

   前々回のコラム「新年早々、発見! 男の前で『カワイイ!』を連呼すると元気になるぞ」では、初売りで大はしゃぎした旨を恥ずかしながら吐露した。あのときは、百貨店のセールに押しかける女性客を見て、「物欲こそ若さを保つエネルギーかもしれない」な~んて書いたのであるが、ならば今の私は絶賛老化中! である。

   思うに、「洋服が欲しい」という意欲は、ある程度満たされると自然に収まるものなんじゃなかろうか。

   私は一昨年(2016年)、クローゼットの衣服を捨てに捨てた。年齢に合わないギャル服、流行遅れのブラウス、古びたスカートにバッグ、ベルトなどの小物類。8割がた捨て去って、タンスに隙間が空いたので、そこを新しい服で埋めていく。それはなんとも形容し難い快感であった。

   真新しい洋服は、安物といえども気持ちがいい。ユニクロやGUなどの「プチプラ服」だって、流行遅れの虫に食われたバブルスーツよりはいいだろう。それに、最近のプチプラ服は質もいいので、ワンシーズンで着倒すのにはぴったりだ。

   「安物買いの銭失い」という言葉もあるが、クローゼットを季節ごとに入れ替えるのは楽しい。

   そうやって、今秋冬の衣類をどんどん買ってはタンスに詰め込んでいたら、ついに容量がいっぱいになってしまった。するとあら不思議、物欲が一切わかなくなったのである。自分でも驚きだった。

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中