2020年 1月 19日 (日)

社長の「ハッピーリタイア」考 必要なのは「自ら変える意識」だ!(大関暁夫)

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   行きつけの飲み屋のオーナー、マスターがカウンター越しにこんな話をし始めました。

   「私も人生の4分の3が終わろうとしているので、そろそろ店を若い者に任せて今年か来年あたりで一区切りつけ、残り4分の1はやりたいことをやろうかと思ってます」と。

   このマスター、じつは私と同年代のアラ還、いわゆるもうじき還暦という年代です。昔風に言えば、サラリーマンなら定年退職、リタイアする歳。人生80年と考えて、仕事一本で来た40年を振り返って、残された想定約20年を仕事以外の何か別のことを生活の中心に置いて楽しく暮らしたい、そんな意味かと受けとめました。

  • リタイア後はリゾート生活が待っている?
    リタイア後はリゾート生活が待っている?

仕事はしていたい。でも、責任はもう負いたくない

   人生100年時代に、60歳定年もなかろうと思う向きもあるかとは思うのですが、店主の話をよくよく聞けば、たとえ飲み屋のオーナーといえども人を何人も雇う経営者であり、景気の波に左右される売り上げの浮沈に一喜一憂しながら、従業員の生活を守らねばと思う毎日にほとほと疲れた、そんなところのようでした。

   翌日、この話をクライアント先の同年代のオーナー社長H氏に話すと、「そのマスターの気持ちはわかるけど、じつは問題はリタイアして果たして仕事抜きの生活に耐えられるかということにあるんじゃないでしょうか」という反応でした。

「たとえば今はなかなか行けない旅行にしたって、初めの1~2年はいいけど、一人じゃつまらない。そうかと言ってカミさんと行くんじゃすぐに飽きる、というようなことになると思う。趣味にしても、日々の仕事に代わるようなライフワークになりうる何かを持っていない限り、リタイアしてしまうと結局しばらくすればやることがなくなっちゃう人がほとんどじゃないのかな。だから、辞められない、辞めたくない社長が多いのじゃないかと。かくいう私も辞めてもやることがない、いつまでやるの的経営者ではありますが......」

   ならば質問を代えて、今考えうる経営者のハッピーリタイアの理想形ってどんなものだろうか、ということを尋ねてみました。

「仕事はしていたい、でもプレッシャーや責任はもうこれ以上負いたくない、自分の時間も欲しい、そんなことをすべて満たすような社長リタイアがあるのなら、それが理想です」
大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中