2019年 7月 20日 (土)

「稼ぐ」専業トレーダー、おばらっち×ガラケーの「初めての仮想通貨」(その3) いろいろあって迷う? 仮想通貨の選び方

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   

   こんにちは。FXトレーダーのガラケーです。

   

   今回は仮想通貨初心者にとっての「仮想通貨の選び方」について、お話したいと思います。まずは前回のおさらいになりますが、そもそも仮想通貨って何でしょうか?

おばらっち「ブロックチェーン技術を使ったもの、ということは知っていますが、それで合ってます?」

  • まだまだ期待できそうな仮想通貨 でも、投資は自己責任ですよ!
    まだまだ期待できそうな仮想通貨 でも、投資は自己責任ですよ!

仮想通貨を選ぶポイントは5つ

ガラケー「ええ、仮想通貨とブロックチェーン技術は21世紀の代表する、一つの技術革新ではないでしょうか。先日のCoincheck事件をはじめ、現在はいろんな情報が飛び交っていたり、その不透明感につけこんだ詐欺事件があったり、不確実な仮想通貨があったりしていますが、まだまだ本当に生まれたばかりの仕組みといえます。

   しかし、5年後、10年後の世界を見ると、必ずや仮想通貨とブロックチェーン技術は社会のインフラになっているのではないかと考えています。

   そんな中で、世の中には1500種類以上の仮想通貨があるといわれていて、現在も世界のどこかで産声を上げて、増え続けています。

   そんな多くの仮想通貨がある中で、仮想通貨の初心者がどの仮想通貨を選んだらいいのでしょうか。

仮想通貨を選ぶポイントとしては、次の5点があげられます。

(1)仮想通貨の時価総額
(2)仮想通貨の取引高
(3)日本の仮想通貨の取引所で扱っているか否か?仮想通貨を取り扱っている取引所の数
(4)ホワイトペーパーで判断(ホワイトペーパーの有無と仮想通貨を発行した時に掲げたプロジェクトが実際に進んでいるかどうか)
(5)買うタイミング

   このポイントにそって、説明していきましょう」

おばらっち「仮想通貨にも、時価総額があるんですね」

ガラケー「はい。時価総額を仮想通貨選びの判断材料にする理由としては、それによって仮想通貨のボリュームを推し量ることができるからです。

   仮想通貨の現在(2018年3月12日時点)の時価総額ランキングは下記のとおり。

1位 ビットコイン(BTC):約14兆円
2位 イーサリアム(ETH):約8兆円
3位 リップル(XRP):約2.9兆円
4位 ビットコインキャッシュ(BCH):約2.3兆円
5位 ライトコイン(LTC):約8000億円

   『時価総額』というと、株式でいう『その企業の、その時点での価値』(株価×発行株式数で算出)ですよね。つまり、仮想通貨としての価値は、ビットコインが一番高いということにもなるわけです」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中