2021年 1月 19日 (火)

仮想通貨が流行したワケ 飛びついたのは新興国、その事情とは......(ひろぴー)

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

新興国での利用が活発

   日本ではビックカメラなどの家電量販店や一部の飲食店でビットコイン決済が可能となっています。しかし、実際に日本人がビットコイン決済を行うメリットはあるのでしょうか?

   たまたま手元に現金がないなどの場合を除き、現金決済やクレジットカード決済の方がポイントも貯まります。わざわざビットコイン決済にするメリットはないように思えます。

   しかし、新興国や発展途上国の場合どうでしょう? 事例をみていきます。

インフレ体質の国に、仮想通貨は救世主!?

   たとえば、南アフリカ共和国の例です。
この国は、自国通貨の不安定さが欠点です。

   南アフリカの通貨ランド(ザールとも呼ばれる)は、常に不安定な状態であり、円や米ドルに対して長年下落が続いています。そうすると、貯蓄していたとしても、その価値が減少してしまう事態に直面します。それゆえ、これでは安心して生活していけません。

   そこで不安定な自国通貨のまま保有しているくらいなら、米ドルを使うようになってしまうのです。

   ただし、その米ドルでさえも偽札の可能性もあります。また、20ドル以上の紙幣は信用がありません。結局のところ、新興国や発展途上国は先進国以上に安心して資産を蓄えることが困難なのです。

   さらに新興国の銀行でも、自国通貨と米ドルの換金手数料が非常に高く、生活に余計な出費があるのは現在でも問題となっているのです。 そこで昨今、ビットコインを保有していたほうが値上がり益も期待でき、なおかつ偽物の可能性はゼロといってよく、安全に管理できるということで「デジタル資産」に注目が集まりました。

   彼らは銀行口座を持つ割合が少ないのですが、スマートフォンや携帯電話は普及しています。そのため、銀行に貯金できなくてもスマホを保有していればビットコインで資産管理をすることが可能なのです。

   もともと南アフリカでは自国通貨不安が広がっていたために、Tポイントなどのポイント経済が普及していた背景がありました。その規模は巨大で、一説によると南アフリカの国内総生産(GDP)の半分がポイント経済ともいわれています。

   そのため、ビットコインによる決済は、南アフリカのほうが日本よりも遥かに普及しており、街のカフェや本屋で当たり前のようにビットコインで買い物ができる環境にあるそうです。

   ちなみに、韓国でも仮想通貨が非常に流行っていますが、これは北朝鮮による不安で、自国通貨が売られやすくなっていることが要因にあるともいわれています。

ひろぴー
FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。2015年からは仮想通貨の可能性に注目。仮想通貨への投資を開始した。香港系プライベートファンドにも運用している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。
・仮想通貨ブログ ビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト:https://btc-eth.jp/
・Twitter:ひろぴーFX@仮想通貨@hiropi_fx
児山 将(こやま・しょう)
2009年の大学4年時にFXをはじめ、一度は飲食店の店長として働くも相場に関りたく金融メディア大手に就職。記事執筆とサイトのディレクションを行う。FX以外にも、株、指数、オプション、商品、仮想通貨など多岐に渡る商品を取引。現在はフリーランスとしてサイト制作やコンテンツ制作を行いながら個人投資家として活動する。
・Twitter:児山 将@goahead5055
・初心者でもできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト https://btc-eth.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中