2018年 12月 12日 (水)

子どもにも広がる「キャッシュレス」 親たちには不安感も

印刷

   現金を使わずに乗り物に乗ったり、買い物をしたりする「キャッシュレス」が、子どもの生活の中にも広がってきた。

   イー・ラーニング研究所(大阪府吹田市)が、20~50代の子どもがいる親を対象に実施した「子どもの金融教育に関するアンケート」によると、「子ども自身が交通系ICカードなど現金以外でお金を使うことはありますか」との問いに、「はい」と答えた親は58%、「いいえ」が42%となった。2018年10月5日の発表。

  • 子どもの生活の中にもキャッシュレス
    子どもの生活の中にもキャッシュレス

お金の管理も子どもにやらせる

   子どものキャッシュレスが広がっている一方で、「将来の子どものお金の使い方に不安を感じますか」の問いに、「はい」が74%、「いいえ」が26%と、全体の7割を超える親が不安を感じていることもわかった。

   イー・ラーニング研究所は、子どものキャッシュレス化の進展も「要因の一つであることも考えられます」としている。

   一方、「子どもにお小遣いを渡していますか」という問いに、「はい」と答えた親は48%、「いいえ」が52%となり、ほぼ半数ずつに分かれた。

   また、「月額の子どものお小遣いはいくらですか」との問いには、「1001円~2000円」が28人と最多。次いで、「501円~1000円」と「2001円~3000円」がそれぞれ22人だった。お小遣いの金額が2000円以下の子どもが、約半数いることもわかった。

   お小遣いの管理は、「子ども自身」が134人で最多。「親」は102人。調査に答えたすべての親が「子どもの金融教育は必要」と回答。金融教育が必要なのは「小学校1・2年から」が86人でトップ。「小学校に入るまで」が64人で続いた。

   なお、調査は2018年8月1~20日に実施。20代~50代の子どもがいる親(男女)238人が対象。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中