2020年 12月 1日 (火)

円高ドル安が進行 明治大と國學院大、こまめなトレードで利益積み上げ(FX大学対抗戦)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

サポートラインのブレイク、気づかず......(慶應大学)

12月26日(水)

   24日夜に1ドル111.115円あたりから1円ほど、ドルが大きく下落していたが、きょうはじわじわ円が売られている。ただ、基本的にはレンジ相場であるため、取引のチャンスをつかむことができなかった。

   今週はクリスマス休暇の影響もあり、値動きが少なくなるというのも一因ではあるが、先週からドル円が大きく値動きを移すタイミングでチャートを見られなかったため、なかなかポジションを持つことができていない。実際、12月の中盤のほうで引いていたサポートライン(支持線。為替レートが過去に何度か、その水準で下げ止まった価格帯を示す)がブレイクしていたことに気付くのが遅れ、取引の機会を逃してしまっていた。

   こういったことを踏まえ、今週は2019年に向けての見通しを自分の中で整理しようと思う。

   来年に向けて、まず円高ドル安の要因としては英国のEU離脱や米中貿易摩擦の悪化、FRB(米連邦準備制度理事会)による利上げの打ち止めなどがあげられる。半面、円安ドル高要因には、FRBによる利上げと米中貿易摩擦の鎮静化などがある。

   正直、米中貿易摩擦の先行きは不透明であり、判断材料が出てくるまで待つべきであると思う。FRBの利上げは2019年中盤まではドル高要因として働くと思われるが、冬頃になると米国経済の失速とともに円高が進むのではないかと思う。

   来年は為替レートに関するニュースにもしっかりアンテナを張って、より積極的に取引していきたいと思う。

前週からの損益 プラス・マイナスゼロ

12月28日現在 1万260.23円

プロフィール
早稲田大学 TK
現在、投資サークルForwardに所属。投資経験は大学に入って少しかじった程度。FX取引の経験はまったくなく、このFX大学対抗戦が初めて。「早稲田」の名に恥じぬよう、学びながら積極的に取引していきたい。将来は金融関係の職業に就きたいと、漠然と考えている。神奈川県出身。
明治大学 レン
経営学部2年。FX取引はデモで少しやった程度の初心者。趣味は麻雀。押し引きが投資に似ている気がする(笑)。学びながら他大学の様子も見つつ、うまくやっていきたい。東京出身。
慶應義塾大学 ミリオネア
法学部1年。FX取引も、株式も、高校卒業とほぼ同時に勉強を始めた初心者。好きな食べ物は小籠包。嫌いな食べ物は生タマネギ。将来は金融系の仕事に就きたいと思っている。今の目標は、このFX大学対抗戦で勝つこと! 1万3000円台まで儲けたい。
一橋大学 ハマチ
経済学部2年。趣味は、株式投資の銘柄探しとパソコンゲーム。週末は家でゆっくり過ごすのが定番。これまではファンダメンタル分析を軸にした株式投資に注力してきたが、FX投資は初挑戦。このコンテストの中で実力を磨き、トップを狙う。宮城県出身。
國學院大学 ネオニート
経済学部3年。埼玉県出身。趣味は散歩。昼は大学生、夜はキャバクラのボーイをしている。将来は、為替ディーラーになりたい。自分のトレードスタイルはデイトレードで、主に移動平均線によるテクニカル分析を用いている。取引する時間帯はロンドン時間からニューヨーク時間にかけて。重度のめんどくさがりだが、毎週更新、がんばります!
Twitterアカウント:https://twitter.com/tora__sub
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中