2019年 12月 6日 (金)

【企業分析バトル】運輸、それとも不動産会社? 三重交通GHの事業内容に注目(國學院大)

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   12月の株式市場は上昇相場が多いというアノマリー(法則や理論では説明できないこと)があるが、現状はそれを嘲笑うかのように日経平均株価が暴落している。

   このような状況でも、比較的「強い銘柄」は何かと考え、企業分析バトルの3戦目には、三重交通グループホールディングス(GH)を選んだ。

  • 運輸業だけじゃない!(三重交通グループホールディングスのホームページから)
    運輸業だけじゃない!(三重交通グループホールディングスのホームページから)

社名だけで判断してはいけない!

【三重交通グループホールディングス(3232)】
2018年12月28日 保有株数   100株
          取得単価   569円(12月25日取得)
年初来高値 2018年11月26日   638円
年初来安値 2018年2月6日    467円
2018年12月28日終値  600円

   「三重交通」という社名を聞くと、多くの人は運輸会社だと思うだろう。もちろん、同社は、三重県を中心に乗り合いバスや貸し切りバス、タクシーなどの運輸事業を行っている。しかし運輸だけでなく、不動産や流通、レジャー・サービスなどの多くの事業を展開しているのだ。

   三重交通の最近の業績推移を見ていくと、純利益は右肩上がりで推移している。

三重交通GHの2019年第2四半期決算の説明資料から抜粋
三重交通GHの2019年第2四半期決算の説明資料から抜粋

   この成長を大きくけん引するのが不動産セクターだ。なかでも、メガソーラー事業に積極的な投資を進めており、今後も成長が見込める。メガソーラー事業は、その事業の特性から安定的に利益を上げることができる。こうした事業に目を付けた三重交通は、日本でも有数の発電事業者に成長してきた。時代のニーズにもマッチしているといえる。

三重交通GHの2019年第2四半期決算の説明資料から抜粋
三重交通GHの2019年第2四半期決算の説明資料から抜粋
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中