2019年 7月 16日 (火)

就活生の「使えるSNS」人気はインスタ、FBは20%割れ

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   あと1か月で、企業の採用活動がいよいよ本格化。エントリーシートや就職説明会の受付が始まり、2020年卒の大学生らの「就活」シーズンが幕を開ける。

   新卒学生向け就職サイト「マイナビ」を運営するマイナビ(東京都千代田区)が来春卒業予定の大学生と大学院生を対象に実施した「ライフスタイル調査」によると、さまざまな情報を収集するために利用しているSNSは、交流型のフェイスブック離れが進み、インスタグラムなど発信型が好まれていることがわかった。2019年1月29日の発表。

  • あと1か月で就活シーズンに突入!
    あと1か月で就活シーズンに突入!

LINEの利用は9割超!

   「よく利用するSNS」(複数回答)は、男女とも「LINE」が最も多く、いずれも9割を超えた(男子93.5%、女子96.5%)。通話もできる便利さによるものとみられる。

   利用割合はLINEに及ばないものの、伸びが著しいのは「インスタグラム」だ。男子で半数近く、女子では7割以上が「よく利用する」をチェック。前年と比べて、男子は12.5ポイントアップ、女子は10.6ポイントアップした。

   身近な情報から、芸能人の近況を知るツールになっている「ツイッター」も利用頻度は高く、男女とも「よく利用」は前年に続き80%に近かった=図表1参照

図表1 就活生にインスタ人気、高まる!
図表1 就活生にインスタ人気、高まる!

   対照的なのは「フェイスブック(FB)」。年を追うごとに利用者は減っており、今回の調査では男女とも「よく利用する」と答えた割合は、男子が19.0%、女子は18.9%と、いずれも2割を下回った。

   3年前には男女ともに「よく利用」が4割を超えており、他のSNSと比べると短期間に急減し、「ひとり負け」の格好だ。

   FBの名前は、米国の大学が学生間の交流を促すために配布する本に由来。そのサービスの特性から、就活仲間の情報交換に適したSNSと思われるが、すでに多くの人とつながってしまったため、時限的な情報交換やプライベート利用がしにくくなったことが考えられる。

   ここ数年はユニークな機能を持つSNSサービスがさまざま登場しているが、このうち、中国メディア企業による動画共有SNS「TikTok(ティクトク)」は流行語にもなったが、調査では男子5.2%、女子3.9%が「よく利用する」サービスにあげた。

   また、チャンネルを分けてグループチャットなどができるサービスの「Slack(スラック)」の名前もあがり、理系男子での利用割合が前年比3.0ポイントアップの7.6%と、他より高い数字を示した。マイナビでは「主に情報系の研究室で『Slack』をチームコミュニケーションツールとして活用しているケースがあるためだと考えられる」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中