2019年 2月 17日 (日)

社長の7割が「トイレ掃除」担当 業績アップのためなら!

印刷

神頼みは少数派

   調査では、また社長として経営に関して「神様や仏様など、超自然的な存在に頼ること」があるかどうかを質問。ビジネスの場面で「神様、仏様......」などと唱えたことがあるかを聞いたところ、38.0%が「ある」と答えた。

質問「ビジネスの場面で『神様、仏様...』と祈ったことがあるか」(単数回答 n=100)

kaisha_20190208162218.png

   やはり、実効が期待できるトイレ掃除と比べると、神頼みは少なかった。

   さらに、実際の効果(結果)との相関関係が偶然と考えらえるようなゲン担ぎの行為には、現代の社長らはあまり関心がないようだ。

   「ビジネスにおける重要な日取り(商談日、契約日、行事の日等)を決める際に、六曜(大安、仏滅等)を気にするか?」という質問には、64.0%が「気にしない」と回答。「経営上の重要な意思決定で占いや風水を参考にすることがあるか(したことがあるか)?」には、88.0%が「参考にしていない(したことはない)」と答えた。

kaisha_20190208162735.png

質問「経営上の重要な意思決定で占いや風水を参考にすることがあるか(あったか)」(複数回答 n=100)

kaisha_20190208162415.png

   なお調査は、全国で従業員2人以上300人未満の会社を経営する20~59歳の社長100人を対象に、2018年12月25日にインターネットで実施した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中