2019年 3月 24日 (日)

話題の「5G」調べて見つけた「サイバーコム」 リスク分散ねらいで値下り待つ(石井治彦)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   米中貿易摩擦が激しくなったきっかけのひとつに、2018年12月のファーウェイの副会長、孟晩舟氏の逮捕があるとされる。さらに、その背景には、次世代の通信規格である「5G」(第5世代移動通信システム)をめぐる、米中の覇権争いがあるという。

   正直、ITオンチには「5G」がどれほどのものなのか、よくわからない。これまで、IT銘柄にもあまり興味がなかった。とはいえ、話題でもあるので、ちょっとばかり物色してみようと思ったら......。

  • 「5G」の時代がやってくる!
    「5G」の時代がやってくる!

米中が「覇権争い」するほどのモノ凄い技術

   2019年1月26日のテレビ朝日の情報番組、「池上彰のニュースそうだったのか?」で、ファーウェイ事件が取り上げられていた。中国のファーウェイは、世界トップレベルの通信技術を有し、なかでも「高速通信規格5G」は、世界をリードする最先端技術という。

   5Gは現在のスマートフォン(4G)と比べて、最大通信速度が100倍。一度に接続できる機器も100倍になるといわれるほど、超高速で超高性能の通信が可能になる。番組では、「5Gを使うと、2時間の映画を5秒以内でダウンロードできる」と解説していた。

   移動体通信は、約10年ごとに新しいシステムが開発されており、5Gは2010年ごろから普及しはじめた4Gの「LTE」の後継システムとして研究開発が始まったとのことだ。

   一方、「モノのインターネット」であるIoT は、「家電や自動車、企業の設備など、さまざまなモノがインターネットにつながる仕組み。ネットを介して大量のデータを収集、分析して、利便性の高いサービスの開発に利用したり、オフィスや工場の生産性を高めたりできる」と期待されている(日本経済新聞2019年2月1日付「きょうのことば」)。

   産業やインフラ、医療、教育、サービスといった分野がつながり、生活のほとんどがIoTなどを介してネットワークで接続される。その通信規格を5Gが担うことになるというわけ。5Gは、自動運転車やドローン、あるいは建設機械、医療機器の遠隔操作などでも重要なインフラになると考えられているようだ。

   なるほど。おそらく5Gは政府や軍などの安全保障面でも欠かせない、モノ凄い技術で、米中が目の色を変えて「覇権争い」をするわけなのだ。

次世代自動運転の分野で高評価

   1月25日、恒例の日本経済新聞社「新春 景気討論会」に出席する機会を得ることができた。会の後半、司会者から「人口減少や生産性の低さなどが指摘されるなか、長期にわたり日本経済が成長力を維持するために必要な方策は何か」との問題提起がなされた。

    これに対して、三越伊勢丹ホールディングスの杉江俊彦社長は、「IT競争に勝たないと残っていけない。そのためには、『ビッグデータ』をうまく使える仕組みを日本がつくり上げていくことが重要」と話された。

   国内でも、5Gの商用化がこれまでの目標だった2020年を1年前倒しして、2019年に実現。IoTの社会への浸透を一段と加速させる。それであれば、「ビッグデータ」をうまく使える仕組みを構築するとき、最も必要とされ、ビジネスチャンスが広がるのは、通信機器関連ソフトの開発力だと考えた。

   そこで通信分野のソフトウェア会社を調べてみたところ、富士ソフトの子会社、「サイバーコム」の名前が目にとまった。同社は、成長分野として医療向けシステムに注力しているほか、カーナビなどの車載関連システムでも幅広く支持を得ている。

   なかでも、5Gが必須となる自動運転の分野では、次世代ネットワーク制御や監視システムの開発で、その実力が高く評価されているもよう。今後の展開が期待できそうだ。

   インターネットで5G関連銘柄を検索してみると、通信系計測器大手のアンリツや半導体デバイスや車載通信用アンテナなどを手がけるヨコオ、通信計測器開発のアルチザネットワークスなどが名を連ねていたが、通信系、車載系、業務用と幅広くソフト開発を手がけていることを評価して、サーバーコムを選んだ。

   株価は、2月15日には前日比33円安の2443円を付けていて、これは「買い」のタイミングを逃したかも知れない。買値は1600円~2000円辺りとみているが、はたして2018年の武田薬品工業や旭化成工業、ゼンリンの時のように「じっと待って」、買えればいいんだけどなぁ。(石井治彦)

2019年2月15日現在 保有株数  ゼロ
昨年来高値 2018/4/5 2750円00銭
昨年来安値 2018/1/4 1154円00銭
直近 終値 2019/2/15 2443円00銭

石井治彦(いしい・はるひこ)
   1970(昭和45)年に大学卒業後、自動車大手に勤務。リース販売を手がける。投資歴は実質25年。入社後にユーザーと接するなかで得た情報と自分の知識で、最初のボーナスをもとに株式運用を開始。しかし、78~98年の20年間は投資する余裕がなく、休止に。それが幸いしてバブル崩壊の痛手は軽傷だった。ただ、いつでも動けるよう、日本経済新聞をはじめ経済誌などには目を通していた。
   「現物株式取引」と「長期投資」が基本姿勢。2011年の退職後は少しの小遣い稼ぎと、興味をもって経済誌を読むために株式を保有している。現在、14の銘柄で、1万3800株を運用。東京都出身、69歳。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中