2019年 6月 17日 (月)

【IEEIだより】福島・双葉町レポート(その3)解体という始まり 「町の様子を五感で感じる」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   福島・双葉町の見学の目的を果たすため、JR双葉駅へと向かう通りでクルマを降り、商店街を少し歩かせていただきました。

   柱がつぶれて斜めに傾いだ家、埃の山と化したショーウィンドウ、あちこちに転がるイノシシの糞...... 雨が降りしきるなか、人気のない街並みの写真を撮りながら歩いていると、見回りをしていた現場工事担当らしき職員が飛んできました。

  • この家もまた誰かの大切な持ち物だが……
    この家もまた誰かの大切な持ち物だが……

斜めに傾いた家、転がるイノシシの糞......

   事情をお話しすると、

「Hさんのご案内なら大丈夫ですね。お聞きとは思いますが、作業員や個人情報の分かる場所は公開しないでください」

と、改めて念を押されました。

   この崩れた街並みは、今でもどなたかのお宅であり、プライベートな領域であること。獣の気配ばかりが残る風景に、ふとそうした大切なことを忘れてしまいそうになります。

   駅の周辺では駅舎などの建設作業が進められていました。しかし、建てることのできないものもあります。

「電気は部分的に復旧しています。でも、復旧の目途が立たないのは下水道の処理場など。ここに帰還する人数がわからないと、処理場の規模が決まらないからです」

   Hさんの言葉の端々に、先の見えない双葉の現状が垣間見えます。

   現在、帰還を希望されている元住民の方は約1割。しかし、その中でも全員が帰還できるわけではありません。

   「双葉町の復興計画」によると、現在の双葉町は、その復興の目途のあり方によって大きく4つの区域に分けられます。

(1)避難指示解除準備区域
年間の積算放射線量が20ミリシーベルト以下である地域で、将来的に住民の帰還を目指す地域。許可がなくても一時帰宅や公益目的の立ち入りができます。双葉町沿岸部のうち北側の区域がそれにあたります。
(2)特定復興再生拠点区域
町内の96%を占める帰還困難区域のうち、町の再興のために特に集中して除染やインフラ整備を行うことのできる地域。双葉駅を中心とした、約4キロメートルを1辺とする三角形をした区域です。「新市街地ゾーン」「まちなか再生ゾーン」「耕作再開モデルゾーン」などに分かれます。
(3)中間貯蔵施設建設予定地
30年間にわたり中間貯蔵施設となることが予定されている地域。福島第一原子力発電所を中心とした街の沿岸南側の地域がこれに当たります。
(4)(1)~(3)に含まれない区域
少なくとも2022年までのあいだに避難指示解除の目途が立たない地域です。山側の多くの地域がこれに当たります。

   現在ご自宅に帰ることができる可能性のある方は、(1)(2)の区域に家がある方のみです。特に(4)の区域の方は、災害以降今に至るまで、まったく先が見えない7年半を過ごしているということになります。

「帰還できるかどうかすら決まらないなか、東電の賠償金が打ち切られるのではないかなど、町民は多くの不安を抱えています」。

   Hさんが淡々と話される姿を見ながら、仕方ないと分かりながらも不条理を感じずにはいられませんでした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中