2020年 10月 25日 (日)

「007」も温暖化に配慮 「黄色いベスト」運動との意外な共通点とは?(井津川倫子)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「007」も環境に配慮 とうとうEVが登場

   この「黄色いベスト運動」は、もとはと言えば、環境問題に熱心に取り組むマクロン仏大統領が、脱炭素社会を実現するためにガソリンや軽油への税金を引き上げたことが発端でした。

The yellow vests protests initially start because of fuel tax rises
(黄色いベスト運動は、当初は、燃料税の引き上げから始まっている)
Initially:当初は、初めは
fuel tax:燃料税

   公共交通機関を利用できず、自家用車に頼らざるを得ない地方の住民にとっては、燃料費の値上げは死活問題です。「地球の終わりより、我々の日々の生活を心配しろ!」と、抗議の声が広がり、大規模なデモに発展していきました。

   一方、エンタメ界では、2020年に公開を予定している人気スパイ映画「007」の最新作で、主人公ジェームズ・ボンドが地球に優しい「Electric Vehicle」(電気自動車)に乗ることが明らかになったと報じられ、話題になっています。

   最新作の監督を務める日系米国人のキャリー・ジョージ・フクナガ氏が環境保護に熱心なことが理由だとされています。

Cary Joji Fukunaga is a 「tree-hugger」
(キャリー・ジョージ・フクナガ氏は「熱心な環境活動家」だ)

   それでは、「今週のニュースな英語」は、「tree-hugger」(環境活動家)から、「hugger」を使った表現を学びましょう。

   「hugger」は動詞の「hug」(抱きしめる)の関連語で、直訳すると「抱きしめる人」という意味になります。何かを「抱きしめるほど好きな人」というニュアンスで、以下のような言いまわしがあるようです。

dolphin huggers (イルカ愛好家)
panda huggers  (パンダ愛好家)

   愛好家と訳される一方、「hugger」は少しからかって使う表現で、あまり積極的に使わないほうがいいとされていますが、今回の報道を見る限り、フクナガ氏をからかうようなニュアンスは感じません。

   とはいえ、ボンドが乗るのは超高級車のアストン・マーチンの電気自動車で、価格は約3700万円とか! 皮肉にも、「黄色いベスト運動」参加者の「俺たちはEVになんか乗れない。環境活動は金持ちのものだ!」というアピールを裏付けしているようにも受けとれます。

   「007」と「黄色いベスト運動」、意外なところにつながりがありました。(井津川倫子)

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中