2021年 7月 29日 (木)

大人気のスマホゲーム市場 売上高は1兆600億円 2018年度予測

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

eスポーツへの登用でさらに活況

   ここ数年、従来の課金システムを搭載しないゲームの大ヒットが続いている。なかでも、「ポケモンGO」はAR(拡張現実)機能と位置情報を組み合わせた斬新なもので、老若男女問わず人気が高い。あまりスマホゲームに馴染みがなかった層を中心に、社会現象になるほどのブームとなった。

   一方、中国メーカーが2017年に国内へ投入したバトルロイヤルゲーム「荒野行動」は、数十人から100人程度でゲームフィールドをリアルタイムで共有し、時には一人で、時にはチームを組んで戦うという画期的なシステムを提供した。仲間とボイスチャットなどでコミュニケーションをとりながら目的を共有して遊べることが受け、市場拡大に貢献している。

   また、2018年には家庭用ゲームやPCオンラインゲームのほか、スマホゲームでもeスポーツに参入するタイトルが登場し、注目を集めた。「パズル&ドラゴンズ」や「モンスターストライク」の2大ゲームを中心に、プロプレイヤーによる賞金制イベントが実施されるなど、プロスポーツを目指す取り組みもはじまった。

   eスポーツへの登用はスマホゲームユーザーのさらなる拡大につながるとみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中