2019年 5月 23日 (木)

組織改革で悩んだコンサルタント...... 自ら起業「最高の組織」をつくる【flier】

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   本の要約サービスを手がける「flier(フライヤー)」(東京都千代田区)の代表取締役CEO(最高経営責任者)、大賀康史(おおが・やすし)さんは前職が経営コンサルタントで、突然、起業家に転身した。

   同僚ら3人で起業したのが6年前。立ち上げ1年目は手探りが続き、一時は、メンバーが離れ、資金がなくなるどん底状態にもなったが、テレビ番組で取り上げられる「奇跡」が起き会員数が急増。さらに、投資家の支援を得ることも相まって軌道に乗った。業容拡大、成長の過程で、電子書籍取次事業者最大手メディアドゥホールディングスの一員となり、弾みをつけた。大賀さんに、会社や組織論について聞いた。

  • インタビューに答えるフライヤーの大賀康史代表取締役CEO
    インタビューに答えるフライヤーの大賀康史代表取締役CEO

コンサルタントから、わずか1週間で起業の道へ

   創業して2年ほどしてから、ようやく自分を取り戻し落ち着いてきた。そのころから、組織の利益を優先する既存の組織論に違和感を持つようになり、個々のメンバーが最大限、力を発揮できる理想の組織を追い求めてきた。

   そしてこのほど、自らの組織論を論じた初の単著「最高の組織」(自由国民社)を上梓。フライヤーの事業ともども、デジタル時代の先端をいく発想や考え方が評判になっている。

   本の要約サービスという事業を思いついたのは、コンサルタントとしての経験から。仕事の性質上、勤務時間は長くなりがち。終業が日にちをまたぐこともしばしばだった。

   勤務先のコンサルティングファームでは、業務で超多忙にもかかわらず、経済紙誌ほか話題の書籍は全てカバーすることが当たり前といわれる。確かに仕事のためにも読書は必要だ。

   だが、時間が足りない。同僚らと話すうちに、こんなアイデアに思い至る。現代のテクノロジーを利用して、本の内容が手軽に分かるツールがあればビジネスパーソンに役に立つのではないか――。

   こうしたアイデアを思い付いた週の週末に、起業について上司に相談。すると翌週の月曜日に会社側に呼び出され、次の日の火曜日が最終出社日だと言い渡された。火曜日までコンサルタントだったものが翌週の水曜日には起業家への道を走ることになるという、思いもかけない突然の転身だ。

   アイデアを着想する以前は転職も起業もするつもりは全くなかったという大賀さん。偶然に乗りかかった船が出港をはじめ、そこで背中を押されて飛び乗ってしまったというところか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中