2019年 10月 20日 (日)

【企業のためのSDGs 】SDGsは世界193か国が決めた「地球が生き残る」ための共通言語

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   SDGs(持続可能な開発目標=Sustainable Development Goals)に取り組む企業が増えている。というより、いまや企業経営にSDGsは欠かせなくなってきているといったほうが正しいかもしれない。

   SDGsにある「17の目標」には、平和や貧困、地球環境などのキーワードがあるが、それらは企業活動を続けるうえでも無視できなくなってきている。企業のSDGsの取り組み促進を提唱する、伊藤園顧問の笹谷秀光氏は「2019年はSDGs元年」という。シリーズSDGs【企業編】のトップバッター、笹谷氏とSDGsへの理解を深めながら、企業の役割を確認したい。

  • SDGsは地球が生き残るための「共通言語」
    SDGsは地球が生き残るための「共通言語」

「17の目標」を分解して理解する

   ―― SDGs、持続可能な開発目標と聞くと、なにやら難しく感じます。どのようなことなのでしょうか。

笹谷秀光氏「『開発』と聞くと、発展途上国のインフラ整備のようなイメージを抱きがちで、イメージが湧きにくくなっているのですが、まろやかに言えば、社会や環境の課題に対して、どのように持続可能な価値観を見いだしていくか。換言すれば、『持続可能な未来づくり』というふうにとらえていただければよいと思います。
そのためのやるべきことのリストを国連の場で、193の国と地域が侃々諤々、2013~15年まで3年もかけて議論して定めたものです。『持続可能な社会づくりのための共通言語』、羅針盤のようなものだと思っていただけるとわかりやすいと思います」

   ―― 「17の目標」を定めています。平和や環境といったキーワードがありますが、どこか「今さら」といった感じがあります。それは企業が利益に目を奪われ、なんら対策をとってこなかったから、今なにかをすべきということなのでしょうか。

笹谷氏「それはですね、古くは1987年頃、『サステナブル・ディベロップメント(持続可能な開発)』で、持続可能性ということが初めて提唱されたことに端を発します。世の中の持続可能性を考えないとよろしくないのではないかということで、ずっと議論してきましたので、おっしゃるように『今さら』という感じを持たれる方が多いんですね。
まだ世界には複雑な課題を抱えている国々もあるし、日本でも先進国特有の課題を抱えているので、改めて洗い出されて、集大成がされたとみていただければいいと思います」
SDGsの「17の目標」
SDGsの「17の目標」

   ―― 「17の目標」項目を、どのように理解すればいいのでしょう。

笹谷氏「17個の項目を学んでいくには、構造で理解していくのがいいですね。『5つのP』で集約されています。これは国連で現下の地球上の課題を、すべてを洗い出してみたら、『5つのP』の項目が危機に瀕していることがわかりました。
その一つ目が『People』です。人間は元気か、大丈夫か。2番目が『Prosperity』。人類の繁栄が今後も続くだろうか。3番目が『Planet』。地球は元気か、大丈夫か。4番目は『peace』。平和は確保できているか。5番目は『partnership』。みんなの連携は大丈夫だろうかと。
逆に言えば、この5つが危ないぞ、いよいよもってなんとかしなければならないという結論になり、その『5つのP』それぞれに、何をやれば危機から脱することができるのかを整理しました。2015年にでき上りましたが、そこに長期的な視点を加えて2030年を目標にしたんですね。そのぐらいのスパンで考えた時に、この『5つのP』を確保するにはどうすればよいのかを集約しています」

Peopleの「P」は「貧困ゼロ」を目指す

   ―― 具体的に、教えてください。

SDGsは「地球が生き残る」ための世界共通の言語(伊藤園顧問の笹谷秀光氏)
SDGsは「地球が生き残る」ための世界共通の言語(写真は、伊藤園顧問の笹谷秀光氏)
笹谷氏「たとえば、一つ目の『P』のPeopleは、発展途上国では子どもが生存の危機に瀕していることから、まず解決しなければならないのは貧困だと。それで『貧困をゼロ』に、が目標1になっているんですね。2番目は『飢餓をゼロ』に。食べるものをキチッと確保できるか。これは農業の持続可能なシステムも含まれています。3番目は『健康』であること。この必須3要素が洗い出されて、こうした課題をきちんと学ばなければ、将来につながらないということで、4番目の『質の高い教育』が設定されているわけです。
教育というのは、学校教育もその一つではありますが、職場での訓練や研修、最近話題のリカレント教育、生涯教育なども含め、みんなで学ぶことを目標としています。アクティブラーニングのように考えて、きちんと自分の力にできるように学ぶ。学んだ結果、その過程で5番目の『ジェンダー』、平等も大事であることがクローズアップされてきます。発展途上国における女の子への虐待は絶対に許されません。一方、先進国では男女平等。日本では女性活躍になりますね。そして『P』の6番目は、世界的にみると『水』なんです。水とトイレ。これがないと衛生環境が悪い。これら6つの項目は人類が生存するうえで必須とされています」

   (つづく)

プロフィール
笹谷 秀光(ささや・ひでみつ)
伊藤園 顧問 CSR/SDGコンサルタント

1976年東大法卒。77年に農林水産省入省。2005年環境省大臣官房審議官、06年農林水産省大臣官房審議官、07年関東森林管理局長を経て、08年に退官。伊藤園入社。10〜14年取締役、14〜18年常務執行役員。18年5月から、現職。
19年4月から、社会情報大学院大学客員教授。
31年間の行政経験と10年のビジネス経験を活かし、企業の社会的責任、地方創生などのテーマを考える。特に企業ブランディングと社員士気の向上を通じて企業価値を高めるための理論と実践について、アドバイザー、コンサルタント、講演などを幅広くこなす。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中