2019年 9月 17日 (火)

【日韓経済戦争 番外編】にぎわう東京・新大久保 韓流アイドルに夢中!「だって、好きなんだもん」

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   2019年7月に「安全保障上」という理由で、日本が韓国向けの半導体素材の輸出を強化。そのため、韓国の製造業が危機状態になっているといわれます。これに韓国が応酬。貿易戦争にまで発展しています。その問題はいまだ終わりが見える兆しすらありません。

   しかし、そんな二国間の対立問題のさなかでも、韓流アイドルの人気は勢いを増していると耳にしたので、さっそく調べてみました。

  • 人気の韓国「チーズハットク」がおいしい!(写真は、韓国ソウルの繁華街・明洞)
    人気の韓国「チーズハットク」がおいしい!(写真は、韓国ソウルの繁華街・明洞)

ショップから聞こえるK-POPアイドルの音楽

   ドラマ「冬のソナタ」がブームになった第一次韓流ブーム。少女時代や東方神起、KARAなどK-POPが有名になった第二次韓流ブーム。そして昨年(2018年)に「チーズタッカルビ」や生地の中からチーズが伸びる「ハットク」が大ヒットして、第三次韓流ブームが訪れました。

   その中でも、いまだ人気が衰えていないのが、韓流アイドルや韓流スターと言われています。

   韓国のお店が軒を並べる東京・新大久保は相変わらず人が多く、韓流アイドルグッズの店がにぎわっています。

「ああ、ここでは日韓経済戦争なんて関係ないんだな......」

ふと、そう思うのです。

   街ナカでは、美形の男性韓流アイドル(いわゆる地下アイドル)が、自分たちのライブのチラシを配っていました。その周りには彼らを好きな女の子たちが取り囲み、写真を撮っていたり、「追っかけ」をしている姿も目にしました。

   韓流アイドルのグッズ店に入ると、店員さんに「どのアイドルが好きですか?」と聞かれます。名前を言うと、すぐにそのアイドルコーナーに案内してくれました。

   そこはに、ところ狭しと韓流アイドルグッズの山!山!山! また鹿児島から来たという女の子も、たくさんの韓流アイドルグッズを、躊躇なくカゴに入れて買っていました。

   「日韓問題は気にしないの?」と話しかけたところ、

「まったく気にしていない。だって好きなものは好きなんだもん。」

という答えが返ってきました。

   飲食店でも、「以前、このスターが来ました」というお店は相変わらずのにぎわいです。行列をつくっているお店も見かけました。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中