2019年 11月 18日 (月)

「働くことを楽しむ」ゴディバ ジャパン社長の転職のススメ 「VUCA」の時代、変化はますます加速する

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   ベルギーで1926年に創業した「ゴディバ」は、高級チョコレートの老舗として知られる。日本での事業を担う「ゴディバ ジャパン」のジェローム・シュシャン社長は、若いころから日本文化に興味を持っており、経営手腕ともども日本通が買われてスカウトされ、2010年から同社を率いる。

   これまでに「義理チョコやめよう」広告など、ユニークな戦略で売上を大きく伸ばす成果をあげてきた。そのモットーは、「働くことを楽しむこと」。そのためには、楽しみながら働ける場所をみつけること。そうすれば成果もついてくるという。自らのキャリアを振り返り、転職でステップアップを勧めている。

「働くことを楽しもう。 ゴディバ ジャパン社長の成功術」(ジェローム・シュシャン著)徳間書店
  • 高級チョコレートが並ぶ「ゴディバ」の店舗
    高級チョコレートが並ぶ「ゴディバ」の店舗

リヤドロジャパン社長から転身

   「働くことを楽しもう。 ゴディバ ジャパン社長の成功術」は、シュシャン社長の2冊目の著書。前著「ターゲット ゴディバはなぜ売上2倍を5年間で達成したのか?」(高橋書店)では、社長就任以来5年間で売り上げを倍増させた独自のビジネス論を述べ、その背景には30年近いキャリアを誇る弓道を通じて得た、日本に対する理解があることを明かした。

   フランス生まれ、大学在学中の36年前に旅行で初来日。以来、日本文化に興味を持ち、弓道にも手をそめた。名門のHEC Paris経営大学院で学んだ後、仏国立造幣局、ラコステ北アジアディレクター、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)のヘネシーのディレクターを経て、磁器人形で知られるリヤドロジャパン代表取締役社長に就任。その後、ゴディバに転じた。

   このように、シュシャン社長は少なくない数の転職を経験し、その都度ステップアップを遂げてきた。その過ごし方はまだ日本にはなじみが薄いものだが、シュシャン社長によれば、転職を繰り返すことも弓道の考え方に通じる。それは「自分の射は、自分で作る」というもの。

「私たちのキャリアにおいてもそれは同じ。自分のキャリアを伸ばすために、私たちはひとつの会社や、ひとりの上司に頼ってはいけない。自分のキャリアは自分で作るしかない」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中