2020年 4月 1日 (水)

【日韓経済戦争】ユニクロに出店規制の「鉄槌」か !「慰安婦冒とくCM」と批判を受け...... 韓国紙で読み解く

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「慰安婦をからかっている」との批判で、ユニクロのCMが韓国内で中止に追い込まれたが、韓国の憤りは収まっていない。

   国会でも問題になり、韓国政府はユニクロの新規出店を規制する「鉄槌」を下す動きに出ようとしている。いったい何が怒りを買ったのか。韓国紙を読み解くと――。

  • ユニクロの店舗前で抗議活動をする学生団体(聯合ニュース10月21日付より)
    ユニクロの店舗前で抗議活動をする学生団体(聯合ニュース10月21日付より)

CM中止だけでは収まらなかった韓国の怒り

   問題になっているのは、2019年10月1日に世界中に公開した、ユニクロの人気商品フリースの25周年をアピールするCM動画だ。CMは15秒ほどで、98歳の白人女性が、13歳の黒人少女から「私の年くらいの時にはどんな服を着ていたの?」と聞かれ、「まさか、そんな昔のことは覚えていないわ」と答える内容だ。

   セリフはすべて英語だが、韓国語の字幕では「80年も前のことを覚えているかって?」という意訳がつけられた。日本語版字幕にはなかった言葉だ。80年前といえば、日本の植民地時代にあたる。このため、意図的に表現を変え、韓国人慰安婦を「忘れろというのか!」「冒とくしている!」と一部の市民団体が猛反発した。

   ユニクロ側は「いかなる政治的、宗教的な事案、信念、団体とも関係はない」とする声明文書を発表したが、韓国メディアが一斉に「慰安婦侮辱論争」と報道。韓国内でのCM中止に追い込まれた。

   だが、ことはそれだけで収まらなかったのだ。憤りの火の手は、市民レベルから韓国政府と国会にまで広がった。

   中央日報(2019年10月21日付)「ユニクロの広告に...韓国中小ベンチャー企業長官『非常に腹立たしい』」がこう伝える。

「朴映宣(パク・ヨンソン)中小ベンチャー企業部長官は10月21日、『慰安婦被害者冒とく』という批判を浴びたユニクロの広告について、『非常に腹が立つ』とし『文化体育観光部や放送通信委員会など関連部処と相談する』と明らかにした」

   パク長官はこの日、国会の委員会で無所属の李勇周(イ・ヨンジュ)議員らから「企業が、韓国内で国民感情や歴史を否定する形で営業すれば、国家として断固たる措置があるべきではないのか」と追及を受けた。イ議員は「広告を取り下げた状態だから問題にしにくいという趣旨なら、このように叫んだ後にやめるような行為が繰り返される場合、政府は何もできないということか」と激しく質問した。

   そこで、パク長官は「国家が何もできないという形で話したのではない」と述べ、政府部内のあらゆる関係機関と相談して、なんとかユニクロに思い知らせる方策がないか検討してみると答弁したのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中