2020年 10月 29日 (木)

【日韓経済戦争】不買運動どこ吹く風、韓国で「日本製ゴルフ用品」大人気の理由は? 韓国紙で読み解く

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   J-CASTニュース会社ウォッチ編集部では、これまで韓国の日本製品不買運動について多くのニュースを取り上げてきた。

   そんななか、不買運動にびくともしない人気を誇る日本製品があることも伝えてきた。映画「天気の子」などのアニメとアダルトグッズだ。

   ところが今回、「第3の人気商品」があることがわかった。ゴルフ用品である。いったいなぜか。韓国紙で読み解くと――。

  • なぜか韓国では日本製ゴルフ用品が人気(写真はイメージ)
    なぜか韓国では日本製ゴルフ用品が人気(写真はイメージ)
  • なぜか韓国では日本製ゴルフ用品が人気(写真はイメージ)

韓国製ゴルフ用品との輸入対決では圧勝の日本製

   日本製のゴルフ用品の意外な人気ぶりを聯合ニュース(2020年1月14日付)「ゴルフ用品は不買運動の『無風地帯』 日本製品の輸入減少わずか」が、こう伝えている。

「日本政府が昨年(2019年)に対韓輸出規制を強化して以降、韓国では日本製品の不買運動が広がったが、日本製ゴルフ用品は特にその影響を受けていないことが1月14日、明らかになった。シンクタンクの韓国レジャー産業研究所がゴルフ用品の輸出入に関する関税庁の資料を分析したところ、昨年のゴルフ用品の日本からの輸入額は2億1670万ドル(約238億円)で、前年比5.8%減少した。日本製の自動車やビール、韓国人の日本旅行が不買運動のあおりで急減したのと比べると、取るに足りないほどわずかな減少率だ。日本製のゴルフ用品に対する需要がそれだけ根強いことを示している」

   確かに、日本製ビールの輸入額が昨年9~12月で前年比90%以上減少、一時「ゼロ円」(2019年10月)を記録するなど壊滅的な打撃に比べると、微々たる被害だ。しかも、日本製ゴルフ用品の輸入額を部品別に見ると、ゴルフクラブは前年比7.6%減の213億5000円だったが、シャフトなどのパーツは前年の16億600万円から16億7200円にと、むしろ4.1%増加した。ゴルフボールに至っては、4億5100万円から6億6000万円にと、46.3%も増加したのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中