2021年 4月 11日 (日)

転職、独立はちょっとという人は必読! 「地味なサポート」こそ、お金になるぞ

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

資料を要約したレポートを届けたら......

   仕事を手伝っていた人の中に、「店舗の営業法を知りたい」と話していた人物がいたことを思い出した著者は、資料の図書を数冊調達し、それらを要約したレポートを制作して、この人物に届けてあげた。

   レポートは「ふつうの会社なら20代前半の若手社員が任されそうなオーソドックスな仕事」。ところが相手は「参考になった」と大感激。予想外の金額を提示して「うちの会社を手伝って」と、持ち掛けてきた。

   著者にとっては、特別なスキルでも何でもない「地味なサポート」。それがお金になったことに、目からウロコが落ちた思いだ。その後も「地味なサポート」をこなしては稼ぐことを繰り返すうちに、半信半疑だった思いがやがて確信に至る。「世間でいうような、派手な起業は不要。地味な起業がよかったんだ」と。

   それでは、現実にさまざまな人が地味な起業を始めるとしたら、どうしたらいいのだろうか――。

   まずは「適性を調べる」こと。自分がどんな分野に合っているかを知ることだ。著者は大きく「マネジメント系」「クリエイティブ系」「コミュニケーション系」の3タイプに分類している。

「マネジメント系」

   エクセルなどの表計算ソフトを使ったデータの集計・管理。ほかに、ホームページを設置する「システム設定代行」や「広告代行」などがある。

「クリエイティブ系」

   「画像作成」や「動画制作」、「プレゼン資料作成」、「ライティング代行」などのモノを作る仕事。

「コミュニケーション系」

   依頼主に代わって、「電話対応」や、メールやLINEなどでの「返信対応」に「セミナーリサーチ」、「セミナー・イベント運営」などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中