2020年 9月 29日 (火)

東大はコンサル集中、京大は地方色豊か、そして早慶・MARCHは? 上位校の21年卒就活生が選び意外な就職注目企業

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   新型コロナウイルス肺炎が猛威をふるうなか、水面下で2021年卒大学生の就職活動が佳境を迎えている。就活生はいったいどんな企業の、どこに注目しているだろうか。

   就職・転職のジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークが、関東を中心にした、いわゆる上位校とされる9大学の「就活生が選ぶ、就職注目企業ランキング【大学別編】」を、2020年2月20日に発表した。

  • 就活生が選ぶ企業は?(写真はイメージ)
    就活生が選ぶ企業は?(写真はイメージ)
  • 就活生が選ぶ企業は?(写真はイメージ)

上位20社中コンサル6社の東大、「地方」企業7社の京大

   東京大と京都大、そして早稲田大&慶応大、MARCH(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)の9大学。それぞれの大学生が選んだベスト20位の企業から見えてくるものは――。

   「OpenWork」は、会員ユーザーが自分の勤務している企業や官庁などの口コミ情報を投稿するサイトで、入社10年以内の社会人のほか、企業の就職情報を得ようとする学生ユーザーも多く登録している。今回の調査は、すでに登録している上記9大学の2021年卒業予定学生ユーザーが、特にどの企業を多く検索したかを調査してまとめた。

   まず東京大と京都大をみると、東大生の1位は野村総合研究所、京大生の1位は関西電力と、コンサルタント系が大人気の東大生、地域色と各分野がバランスよく出た京大生という結果になった=図表1参照。

(図表1)東京大と京都大の注目企業ランキング
(図表1)東京大と京都大の注目企業ランキング

   東京大では、国内最大級のコンサルティングファームである1位の野村総合研究所以下、上位20社中に日系、外資を合わせて6社もコンサルタント会社が並んだのが特徴だ。2位アクセンチュア、5位PwCコンサルティング、7位マッキンゼー・アンド・カンパニー、8位デトロイト・トーマツ・コンサルティング、11位アビームコンサルティングといった案配だ。このうちアビームコンサルティングは日系である。

   これに対し、京都大はランクインした企業の本社がローカル色豊かなのが特徴。上位20社中なんと7社が東京以外の「地方」だ。1位関西電力(大阪市)、3位JR東海(名古屋市)、7位パナソニック(大阪府門真市)、9位トヨタ(愛知県豊田市)、10位キーエンス(大阪市)、12位村田製作所(京都府長岡京市)、20位大阪ガス(大阪市)といった案配だ。また、東京大がコンサルタント系に集中しているのに比べ、特定の分野が特に多いといったこともなく、製造業からIT(情報通信)、コンサルタントと、各分野がバランスよくランクインしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中