2020年 7月 14日 (火)

【襲来!新型コロナウイルス】安倍首相に緊急要請!「8割接触減」よりも「stay at home, save lives」を広めてください!(井津川倫子)

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。安倍晋三首相は「人と人との接触を8割減そう」と、自ら「家でくつろぐ姿」を配信して「Stay at home」(家で過ごそう)と訴えました。

   一方、スーパーや商店街、「湘南の海」には相変わらず人が集まっているようで、「このままでは感染抑止にならない!」との悲鳴も聞こえてきます。なぜ、「外出自粛」が思うように浸透しないのか――。原因は「アベノ炎上動画」ではなく、「Stay at home」の呼びかけ方にあるようです。

  • 世界のリーダーたちは「初めに最悪のケース」を、国民に明かした(写真は、トランプ米大統領)
    世界のリーダーたちは「初めに最悪のケース」を、国民に明かした(写真は、トランプ米大統領)
  • 世界のリーダーたちは「初めに最悪のケース」を、国民に明かした(写真は、トランプ米大統領)

海外では「人の命を救うため」と「目的」に重点

   日本では「Stay at home」(家で過ごそう)のメッセージが広がっていますが、じつは、これだけでは「完成形」とは言えないようです。世界的には「Stay at home, Save lives」(家で過ごそう、命を救おう)のメッセージが一般的で、「Save lives」(命を救う)とセットで使われているからです。

   解説するまでもないですが、「stay at home」(家で過ごそう)は「手段」であり、「save lives」(命を救おう)が「目的」になります。つまり、何のために「家で過ごす」のか、なぜ外出を自粛しなければいけないのか、その目的は「命を救うためだ」という、極めて具体的なメッセージなのです。

   英国では、3月下旬にロックダウンが始まるやいなや、次のメッセージが国民的スローガンになりました。

Stay at home, protect the NHS, save lives.
(家で過ごそう、NHSを守ろう、命を救うために)

   NHS(National Health Service)とは、英国の国営医療サービスで、簡単に言うと病院(及び医療関係者)のことです。このメッセージからは、欧米式の逆算思考が読み取れます。

   新型コロナウイルスもそうですが、感染症対策のゴールは「被害者(死者)を最小限にとどめること」です。最終的なゴールは「死者ゼロ」つまり「撲滅」です。

   爆発的なウイルス感染拡大のなかで「死者を最小限にとどめる」という「目的」を達成するためには、どんな「手段」が必要か。おそらく次のような思考プロセスになるでしょう。

   (1)死者を減らす→(2)医療体制の維持が必要→(3)感染者を減らして医療崩壊を防ぐ→(4)そのために感染ルートを断つ→(5)人と人との接触を減らす→(6)外出をしない

   「Stay at home, protect the NHS, save lives」のメッセージの場合、「Stay at home」(家で過ごそう)は、このプロセスの(6)になり、「protect the NHS」(NHSを守ろう)は、(2)および(3)、最後の「save lives」(命を救おう)(1)になります。

   英国NHSのホームぺージでも「NHSを守り、命を救うために、あなたにできることは家に居ることです」と訴えています。「外出自粛」は「手段」に過ぎないことが明確です。

   一方、「外出を自粛しよう」「家で過ごそう」「人と人との接触を8割減らそう」と訴えるだけでは、「手段」ばかりがクローズアップされて「命を救うために」という「目的」が希薄になってしまいます。政府や専門家会議、都道府県知事らが「どうやって8割減を達成するか」とやっきになっている姿を見ると、「手段」が「目的」にすり替わってしまった印象を受けます。

   ビジネスや語学の取得もそうですが、「手段」が目的になると成果が上がりにくくなります。「売り上げを増やす」(目的)のための「手段」である「毎日10件訪問すること」がいつのまにか「目的」になっていたり、「TOEICのスコアを上げる」(目的)よりも「毎日単語を5つ覚える」(手段)が「目的」になっていたり、です。

   「Save lives」には、自分が感染しないことはもちろんですが、「他人の命を救う」ことが重視されています。「Stay at home, Save lives」とセットで広がると、「もし感染しても自己責任」といった風潮も薄まるのではないでしょうか?

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中